練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

今、教室ではJ. S. バッハ《平均律》を勉強している方が多いです。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

今、教室ではJ. S. バッハ《平均律》を勉強している方が多いです。

 

ピアノを勉強する人たちにとって

『ヨハン・セバスチャン・バッハの曲を弾く』ということは

大きな意味があります。

「バッハ」と聞くだけで、敬遠する人も多いですし、

ピアニストにとっても、

バッハをリサイタルのプログラムに入れることは、大きな挑戦です。

それだけバッハの曲は

他の作曲家の作品に比べて「難解」なのです。

 

しかしその難しさは

リストやラフマニノフのそれとは全く異なります。

ー 彼らの活躍したロマン派から近現代のピアノ曲は

バッハの作品よりも音符の数が驚くほど多いにもかかわらず。

 

そうした曲と比べても

バッハを「難解」たらしめている原因の一つは

その音楽話法、作曲技法にあります。

 

バッハは1685年に生まれ、1750年に65歳でその生を閉じました。
(今年はバッハ生誕333年、ゾロ目の年ですね)

音楽史ではバッハが没した年を区切りとして

1750年までを「バロック時代」としています。

バロック時代の音楽の特徴は、

複数の独立した声部によって構成されている音楽(ポリフォニー)でした。

 

しかしバッハの晩年には、

ドイツでは、偉大な啓蒙主義者フリードリヒ二世が王につき、

学問においては理性が、

芸術においては感性が中心に捉えられるようになります。

音楽は独創性と主観を謳い、

個性を主張する「新しい音楽」を求める動きが起こり、

バッハのポリフォニックな音楽は、「古いもの」として評価されなくなってきます。

 

それにもかかわらずバッハは、

昔ながらのポリフォニー中心の

対位法を駆使した音楽を作り続けていました。

 

バッハは生前、

オルガンのヴィルトゥオーゾとしては名を馳せていましたが、

ドイツの代表的な作曲家として認められていたわけではありませんでした。

(有名だったのはヘルマン・ハッセや、ヘンデル、テレマンらでした)

バッハの死後、その名は急速に忘れられていきます。

 

が、19世紀になってフォルケルを筆頭に、

メンデルスゾーンやシューマンらによって

バッハの真価は再評価されていきます。

ベートーヴェンはバッハを「不滅なる和声の父」と呼び、

ベートーヴェンはもちろんの事、

ショパン、シューマンなどの多くの作曲家が

《平均律》を毎日弾き、

そこから作曲の極意を学んでいました。

 

私たちが生きている現代は、

テレビをつければ、

簡単なメロディに和声がついた

耳に優しい曲が流れて

こちらにその気がなくとも、こうした音楽を聴いて日々過ごしています。

 

幼児が親や幼稚園・保育園で触れる童謡も、

テレビから流れるものと同じ作曲法で作られています。

 

こうした音楽が常に溢れている世界に身を置く私たちが

バッハの音楽を聴くと、

新鮮に感じ、

またその高貴な旋律に「ハッ」とし

バッハの魅力に惹きつけられ

ピアノを勉強するものならバッハを弾きたい、

と思うことは自然なことだと思います。

 

しかし、それを演奏するとなると、一筋縄ではいかない。

 

なぜならバッハの作品を演奏するには、

楽譜を読み解く力が必要となるのです。

 

 

(次回に続きます)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

当教室は、幼児からピアノ指導者までの指導をしています。
随時受付中です。
お気軽にお問い合わせください。

お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

YouTubeで教室の様子がご覧いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。
当教室ではピアノの先生のバロック指導に力を入れています。

レッスン内容の全てをバロック作品で受講される際は
「ピアノの先生のためのバロックコース」にてご相談ください。

 

◇練馬区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj
登録されると、アーティキュレーションについての7回のステップメールが届きます。

コメントは受け付けていません。