練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

指導者の力

チェンバロ・ピアノ奏者の水野直子です。

本日もブログへお越しくださりありがとうございます。

 

各種お問い合わせ

教室の様子はYouTube

 

今、教室は「新年度からピアノを」と

考えていらっしゃるお母様たちからのお問い合わせを

数多くいただいております。

教室に興味をお持ちくださりありがとうございます。

 

今年はどういうわけか、

他教室から移りたいというご連絡も幾つかあり、

様々なお悩みを聞いています。

 

お母様たちのお悩みは

  • ピアノを習っているのに楽譜が読めない
  • リズムがわからない
  • 指の形が悪い
  • 家での練習の仕方がわからない
  • 先生が怖すぎて子供が萎縮し、ピアノが嫌いになった
  • いつまで練習に付き合ったらいいのか  など

たくさんあがります。

 

私のいる地域にもピアノ教室がたくさんあります。

それこそ音大出立ての先生から、子育て中の先生まで。

 

教室がたくさんあると、迷いますよね。

 

 

様々な選択肢のなかから、

「ここ!」と一番惹かれる条件が

選択のきっかけとなると思いますが、

もしも一番惹かれる条件が

「ピアノ以外のこと」だったらちょっと危険です。

 

また「楽しく」というのも、ちょっと危険。

よく

「音楽は音を楽しむと書いて音楽と読むのだから、楽しくなくっちゃ」

という話を聞きますが・・・

 

これは、漢字がそう書くだけで、

音楽→ミュージックの語源のムジカは

「技」を由来とするギリシャ語からきているもので、

決して単純に音を鳴らして楽しむものではないのです。

 

じゃあ、ピアノは楽しくないのか、と問われれば

もちろんそういうわけではありません。

実際、楽しいものです。

 

しかしその楽しさとは、

自分の好き勝手に弾くことではなくて、

型を学んだ上で、

ピアノを通じて「知らなかったものごとを知る・発見する」楽しさを味わったり、

できなかったことができるようになる

「努力の過程を知る」ことの楽しさだったり

(その結果として、曲が弾けるようになる)するわけです。

 

ピアノは鍵盤に指を下せば、

誰しもが鳴らせる楽器です。

他の楽器ではそういうわけにはいきません。

声楽家は自分の声を出せるまで何十年とかかりますし、

管楽器も音を鳴らすまで時間がかかります。

ヴァイオリンなどはその何十倍も時間がかかります。

 

でも、ピアノも、本物の美しい音を出そうと思うと

何年も何年もかかります。

そしてそこには、指導者の力が問われます。

 

逆に今、ご自身のお子さんのピアノで

お悩みのお母様たちがいらっしゃるなら、

お子さんがピアノに対して力不足なのではないか、と嘆かず、

  • 楽譜が自分で読める指導のできる先生
  • 家での練習法を、レッスンで教えてくれる先生
  • 子どもに優しい言葉で噛み砕いて教えてくれる先生
  • 美しい音がどんな音なのか教えてくれる先生

を探す方へ考えをシフトされると良いと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 

 

体験レッスン体験レッスンは随時受け付けています。
体験レッスンの流れはこちらをご参考ください。

YouTube
にて教室の様子がご覧いただけます。
当教室は「導入期」の指導を大切にしています。
「楽しい」の先にある、上質な音楽教育を提供します。

レッスンは完全プライベートな空間です。
安心してお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。