練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

今日もチェンバロ外部レッスンでした

●今日もチェンバロ外部レッスンでした

こんにちは
練馬区 チェンバロ奏者 ピアニストの水野直子です。

 

3/27に引き続き
今日もコンクール前の方々を対象に
チェンバロでレッスンをさせていただきました。

 

11時から17時まで、
途中1時間のランチタイムを挟んでのレッスンでした。

 

今回は初めてチェンバロを弾く子供さんもいらっしゃって
白黒逆の鍵盤の前で
目を白黒。

でもね、弾き始めると、止まらずに弾けるんですね。

そしてシングル、ダブル、4フィートとどんどん弦を追加して
チェンバロの装置を体験していくうちに
慣れてきて、最後はリピートの変奏まで進んで・・・

課題曲が発表されて一ヶ月ですが
かなり弾き込んできているので
私からの提案にもついてきてくれました。

 

すごい集中力です。

みなさん、お疲れ様でした!

 

 

 

今回の特別レッスンを終えての
私からの感想は、

みなさん、しっかり弾けるお子さんなので
だからこそ
「正しい楽譜」を使わせてあげたい

です。

出版されている楽譜に
アーティキュレーションが付いているもので

そのアーティキュレーションが版によって違うので
どれを選ぶか、悩むところですが
とにかく間違いが多いです。

 

じゃあどの版を選べばいいのか?

 

 

と思われるでしょうが
スラーなどの余計な(かつ美しくない)アーティキュレーションのない
楽譜を使っていただきたいです。

ですから、
本当にバロックをうまく弾きたいと思ったら
その偽物のアーティキュレーションは
ホワイトで消してください。

そしてレッスンに持ってきていただければ
時代にあったアーティキュレーションを
お伝えします。

バロックのアーティキュレーションは、
やり方次第で様々にあります。

でも「これはダサい」「これはありえない」というものもあって
残念ながら出版されている楽譜にも
そういうところがあるので
そこは、直接レッスンで尋ねてくださいね。

 

 

今日もみなさん優秀で、
とっても嬉しかったのでお花を買って帰りました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいま
新規の子どもの生徒さんの募集をお休みしておりますが
ご相談はお受けしています。
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンには対応させていただきます。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。
上記2つはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます
↓ ↓
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

コメントは受け付けていません。