練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

おかえり ピアノさん (練馬区のピアノ教室)

●おかえり ピアノさん (練馬区のピアノ教室)

こんにちは
チェンバロ奏者 ピアニストの水野直子です。

練馬区氷川台のスタジオのピアノが
約3週間のメンテナスを終えて帰ってきました。

メンテナンスへお出かけして行った時の記事↓
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/4141/

わーい、どこもかしこもキラッキラ!

 

タッチも、もたつきが取れ
反応が良くなりました。

音も華やかになったかな?

真の部分は、以前と変わらず
柔らかい音がするので
これから育てていって
もう少し深い音色に変えていこうと思います。

 

「え?ピアノって音を変えていくの?」と思われた方が
いらっしゃるかもしれませんね。

 

もちろんですとも!
ピアノ(楽器)は持ち主によって、変化していくんです。

 

ピアノの音はその人の性格を、そのまま出すのです。

 

優しい人は優しい音がするし
気の強い人は気の強い音がする。
それも、耳を覆いたくなるくらいにね。

一見優しそうな人も
ピアノの音を聞くと、
「あ、この人、優しい仮面かぶってるけど違う」
って分かったりもします。

意地悪な人は、もやもや〜とした意地悪な音、を出します。

逆に優柔不断の人は、か細くて頼りない音がします。 

自信のない人は、おどおどしている音がします。

人生楽しい!って人は、天真爛漫な音がします。

だから、ピアノでいい音を鳴らそう、
と勉強するということは
自分自身のステージを上へ上へと上げていくことだと私は思います。

もちろん、
「ピアノが弾けて楽しい」という気持ちも大切だし、
それがピアノを弾くことの楽しみの一つだけど

その先の次元を目指すこと ー
丁寧な生活態度や、
周りの人への感謝の気持ちなど ー
がピアノとシンクロしていって、
ピアノで人に感動や
勇気を与えられるようになるんじゃないかなぁ。

心は全部、ピアノ演奏に出る、
まさにピアノはその人の鏡なんですよ。

だから私は、
これからもピアノを弾き続けるんだろうと思います。

さて!
まずは、生まれ変わったピアノを
自分色に育てていきます。
そして私もピアノから学んでいきます。

いつも自分を成長させてくれるものがあるなんて
あぁ、自分はなんて幸せなことなのでしょうか!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ただいま
新規の子どもの生徒さんの募集をお休みしておりますが
ご相談はお受けしています。
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンには対応させていただきます。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。
上記2つはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます
↓ ↓
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

コメントは受け付けていません。