練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区氷川台・氷川神社近く「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」の様子を配信しています。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区・豊島区・和光市や志木から、またピアノ講師のバロック指導・セミナーを開催しています。

久保田チェンバロ工房 見学会

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

6月2日、久保田チェンバロ工房さんにご協力いただき
教室でバロックセミナーを受講されたピアノの先生方と、
古楽器の見学会を行いました。

1440年ごろ、アンリ・アルノーによって書かれた古文書、
通称「アルノー手稿」の中に記述されている
チェンバロとみられる設計図をたよりに
久保田さんが設計をした二台の楽器(撥弦と打弦)の仕組みから、
その後の17世紀から大活躍したチェンバロについての詳しい説明を、
さらにチェンバロからクリストーフォリのピアノへと発展する段階について、
実際のメカニズムを詳しく説明していただきながら、
250年間に作られてきた
さまざまな鍵盤楽器を試弾させていただきました。


(クリストーフォリのピアノの内部を観察)


(クリストーフォリのアクション模型を使って、チェンバロとの違いをじっくり観察)

非常に贅沢な2時間となりました。

ご参加された先生のブログです。
安藤美喜先生
http://ameblo.jp/withpia0728/entry-12280245014.html

中村香奈子先生
http://ameblo.jp/abc-kidsworld/entry-12280370569.html

関本晴美先生
http://ameblo.jp/sekimoto-music/entry-12280303715.html
http://ameblo.jp/sekimoto-music/entry-12280546128.html

先生方が楽しそうに
古楽器を触れているらっしゃる姿がとても印象的でした。

ドキドキ、ワクワクな気持ちが伝わってきました。

チェンバロに触れると
ピアノとは違うバロックの表情が垣間見れ、
バロック音楽がもっと楽しくなるみたいです。

古楽器の普及に力をいれている私にとって嬉しい瞬間です(^^)

先生方のレッスンに
今回の経験が生かされますように、
どうぞ、ますますのご活躍をお祈りしています!


(みずきちゃんはアルノーの、私はチェンバロのジャックの巨大模型)

久保田チェンバロ工房さんへの見学を希望されるピアノの先生は、
お問い合わせフォームに「久保田チェンバロ工房見学希望」と書いてお問い合わせください。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノの先生向けセミナーのお知らせ】
ピティナ全国セミナー登録セミナー
『バロック音楽の装飾音に親しもう』は満席となりましたが、
2名様のみ追加受付可能になりましたので、お知らせいたします。
ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。
ピティナのサイト↓
http://www.piano.or.jp/seminar/list/s_info/2014993
お問い合わせの担当は増田明美先生です。
massy_piano@yahoo.co.jp

コメントは受け付けていません。