HOME > ピアノ指導者の方へ

ピアノ指導者の方へ

「チェンバロを弾いている」とお話しすると、必ずと言って良いほど
『実はもう一度バッハの《インヴェンションとシンフォニア》を勉強し直したい』
『もっとバロックのレパートリーを増やしたい』
『バロックは好きだけどレッスンのやり方がわからない』

などのご相談を受けます。

私も同じような思いを何年も抱え、学生時代を過ごしていました。
でも学生時代は、試験や課題に追われ、一つのテーマを絞って深く探る時間があまり持てません。
ですから私がバロックを専門的に勉強し始めたのは25歳を過ぎてからです。

ピアノを勉強する人たちにとって、ポリフォニー中心の対位法を駆使した『ヨハン・セバスチャン・バッハの曲を弾く』ということには大きな意味があります。

ですが『バッハ』と聞くだけで、難しいと敬遠する人も多いですし、ピアニストにとっても、バッハをリサイタルのプログラムに入れるということは、勇敢な挑戦です。それだけバッハの曲は他の作曲家の作品に比べて「難解」なのです。

しかしその難しさは、ショパンやリスト、ラフマニノフのそれとは全く異なります。
(バッハの作品よりも音符の数が驚くほど多いにもかかわらず。)

バッハを「難解」たらしめている原因の一つは、その音楽話法や作曲技法にあり、バッハをはじめとするバロック時代の楽曲を演奏するためには、それらを読み解く高度な知識が必要です。なぜならその時代の楽譜には、テンポ、強弱、指使い、フレーズなどの細かいことが書かれていないからです。

それを自分の感性で弾いてはいませんか。

そしてもし「何も指示がなければ、禁欲的に、余計なことは何一つしてはいけない」、あるいは「何をしても良い」と考えていたら、そのどちらも間違っています。
この時代の「楽譜を読む」ということは、楽譜に書かれた音を、4分音符なら4分音符、8分音符なら8分音符、というように、音価の通りに弾いても、「正しく弾いた」とは言えません。

バロックからウィーン古典派までの楽譜には、記されていない大切な情報が多くあり、それを知っていなければ、正しい演奏とは言えないのです。
ここに簡単な例を挙げましょう。

・テンポ・拍子

現代の私たちは、4/4拍子といえば1小節に4分音符が4つあると考えます。
ですがバロック期からモーツァルト、ベートーヴェンあたりの考え方は違います。
当時は、現在でいう全音符を基準として(Tempo ordinario:基本拍)、全音符を二つ(2拍子)、あるいは三つ(3拍子)に分ける、という考えでした。
全音符(つまり1小節)は楽曲を通じてその長さは変わることはなく、テンポは常に一定を保ちます。そして1楽章が変わっても、この基本拍を感じるように演奏する、ということも念頭に置いておかなければなりません。

時々バッハの平均律を弾いた際、プレリュードの後のフーガを全く別の曲のように新しいテンポを取る演奏に出くわしますが、これは実はバッハの時代にはありえないことです。

こうしたバロックの習慣はモーツァルト、ベートーヴェンの時代も踏襲しています。

・アーティキュレーション

バロック音楽を弾く際、一番多い質問のひとつがアーティキュレーションです。
「切って弾くのか?」「レガートをつけるのか?」

メルマガ登録の方には、すでにステップメールで7回にわたって説明していますが、アーティキュレーションは古典の指使いを知ることによってある程度解決されます。 メルマガ登録をご希望の方はこちらから

この時期のアーティキュレーションは2つの音を基本単位として考えましょう。
そして和声をしっかりと捉えながら分節することが大事です。

また3度以上跳躍する音間も要注意。分節します。
案外と知られていませんがインヴェンションの第1番の右手、2拍目最後のドと3拍目のソの間は必ず切音する場所です。

・舞曲

バロック時代には舞曲がたくさん出てきます。

最近は指導者を対象に舞曲を踊る体験型セミナーも増えました。では舞曲が踊れるようになったら舞曲が弾けるようになるのか、といえば、それはそう簡単な話ではないようです。

舞曲を演奏するためには、「テンポ・拍子」の取り方・感じ方を知った上で、アルマンド、クーラント、メヌエット、ガヴォットなど各舞曲の音楽的な特徴を出し、「芸術」の域まで引き上げていくことが求められます。

・装飾

バッハのほとんどの作品は、バッハの周りにいた子どもたちや弟子たちのために書かれたもので、個々の技量によって、装飾音符が変化されたり、省略されたりしていました。

PTNA台東スカイツリーステーション ステップ 特別コンサート
写真は息子フリーデマンのために書かれたバッハの装飾音表

バッハの作品のなかに、同じフレーズを見つけるも、一方には装飾があるが片方には装飾がない、という箇所があります。
この意図は、学習者が「指示のない装飾が見つけられるか」試されている、あるいは、繰り返し書く手間を省いた、といった理由があります。

また学習者にとって技術的に難しい場合は「装飾を控えても良い」などといった教育的な目的もあります。

バロックを弾くとき、有名な人の録音を聴いたり、先生がそう言ったから、と、人の責任にしたりして真似事で弾いていませんか。
コンクールでいくつもの賞を取った人たちの演奏を聴いていて、同じ曲でもまったく違う演奏で戸惑う・・ということはありませんか。

その理由はどこにあるのでしょう。

もう少し、同じ芸術の絵画に置き換えて考えてみましょう。

ただ「美しい」とキリスト教絵画を見ること(もちろん、それだけでも十分楽しいことです)から一歩掘り下げて、なぜマリアは百合を持つのか? なぜマリアは赤や青のマントを羽織るのか?どうしてユダの衣装は黄色なのか?・・・などと言った理由を知ることで、私たちは、より一層その絵画の本質と触れ合うことができます。

音楽も同じことではないでしょうか。
レッスンではこうした楽譜に書かれていないことを、ヨーロッパの文献を提示しながら、お話しています。

音楽の勉強に終わりはありませんが、「何が正しいのか」をご自身で考えながらバロック音楽と向き合えるようになれるまでサポートします。

ピアノ指導者レッスン

使用楽器/ピアノ、チェンバロ、またはその両方 (入会金なし・体験レッスンなし)

60分 10,000円
90分 15,000円

※ピアノでバロック以外のレッスンも可能です(印象主義あたりまで)

ワークショップ・セミナー

バロック時代の奏法、楽譜の読み方、時代背景などについてのワークショップやセミナーを開催しています。
講師は一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)にセミナー講師として登録されています。
http://www.piano.or.jp/seminar/list/t_info/378484

魅力がいっぱい バロック白楽譜 
バロック音楽の装飾に親しもう 他

教室内・外はもちろん全国へ対応しています。

2名様よりお気軽にご相談ください。お問合せフォームはこちらから

セミナー受講者の声はこちらからご覧頂けます

チェンバロ工房見学会

バロック音楽をより深めるためには、チェンバロに触れることが大切です。
当教室では、門下生の方やセミナー受講者の方をはじめ、希望者に久保田チェンバロ工房さまのご厚意のもと、工房見学会をさせていただいております。

普段接する機会のない製作家からのお話が直に聞けるとあって、参加者の興味は尽きません。
またヴァージナル、チェンバロ、クリストーフォリのフォルテピアノまでの楽器が自由に試弾させていただけ、毎回大変人気です。
ご希望の方はお問い合わせください。


日本に一台しかない、世界でも珍しいアンリ・アルノーによる設計の「ドルチェ・メロス」(チェンバロとピアノの原点とされる楽器)を囲んで

チェンバロ見学会にご参加されたピアノ指導者の方より

S先生

水野先生のセミナーではチェンバロの歴史から始まり、実際の弾き方を勉強してこちらの工房に連れてきていただいたので、流れとしてもとても良かったと思います。スピネット、ヴァ―ジナル、クリスト―フォリ、そして2段チェンバロを何回も弾かせていただきました。そして、私が弾いた後同じフレーズを水野先生が弾いてくださいました。すると夢のような音が流れていくのです!

N先生

チェンバロ奏者としてご活躍されている、水野直子先生にご案内いただき、チェンバロ制作者の久保田さんに歴史や構造的なことについての講義をしていただきました。
学んでいるうちに、断片的だった今までの知識がするすると繋がってきて、うやむやになってしまっていたところがスッキリ!!
バロックの演奏に悩んでいる生徒さん達に早く伝えたい!!
と、ワクワクする気持ちが湧いてきました
光栄なことに、水野直子先生も、演奏してくださいました。
時には夢の中にいるような、時には身体の奥底から目が覚めるような先生の素晴らしい音色に、うっとりと時間を忘れてしまいました。
深い学びと感動をいただいたことへの感謝と興奮で、幸せすぎて眠れないほどでした。
今日の学びを毎日のレッスンにどのように生かしていくか、ワクワクと考えを巡らせています。

M先生

水野先生、今日は本当に貴重な体験と学びでした。心から感謝しています。 ここまでの歴史を知ることなくチェンバロを漠然としかわかっていなかったことに衝撃でした。

いろいろなタイプのチェンバロを弾かせていただき、全て音色が違うし、タッチが違うので、とてもぎこちなく弾き始めたら、直子先生が優しくレクチャーしてくださり、だんだん魅惑の響きに心が奪われていました。バロック時代の曲をレッスンするときには、工房で撮らせていただいた写真や動画を見せて、より深い歴史を感じてレッスン提供していきます。

O先生(3度ご参加)

直子先生と回るチェンバロ工房は、本当に幸せです!!こんな経験なかなかないです。今回も深い学びでした。ありがとうございました!

コンサート依頼

チェンバロ、フォルテピアノ、ピアノのコンサートのご依頼もお気軽にお寄せください。
小学校・中学校・高校でのチェンバロ・ピアノ演奏 ピアノ伴奏 チェンバロ通奏低音 PTNAステップ特別コンサートなど ご予算に合わせてご提案させていただきます。 (古楽器レンタル料・交通費別途)

PTNA台東スカイツリーステーション ステップ 特別コンサート
PTNA台東スカイツリーステーション ステップ 特別コンサート
横浜そごう ルドゥーテ展
横浜そごう ルドゥーテ展
福岡 西日本工業倶楽部
福岡 西日本工業倶楽部
山口 旧県会議事堂
山口 旧県会議事堂

クラヴィコード・フォルテピアノレッスン(ピアノ指導者の方対象)

ピアノでは思うようにいかないことも、当時の楽器の特性を知ることで問題が解決していくことがあります。

実際、一度でも古楽器に触れると、その後の演奏が驚くほど変わります。
クラヴィコードもフォルテピアノピアノも、チェンバロと同様に指導者の方には是非体験していただきたい楽器です。

クラヴィコード

クラヴィコード

クラヴィコードは有弦鍵盤楽器の中では最も古く14〜15世紀から使われ、16世紀にはヨーロッパ全土に普及しました。
17世紀になるとイギリス、フランス、イタリアでは次第に廃れていきましたが、ドイツではオルガニストのための練習楽器、教育楽器としてますます普及していきます。

18世紀になると、バッハの息子たち、フリーデマンやエマヌエルによって、クラヴィコードのための独奏曲が多数作曲されます。
ハイドンのクラヴィーア・ソナタの大半は、クラヴィコードによって最もその音楽的特徴を発揮する、と言われるほどです。

またベートーヴェンはクラヴィコードの名手として有名でした。

クラヴィコードは鍵盤の後ろの方に建てられたくさび形の金属で弦を叩いて音を出します。
小さな音ですが強弱がつき、スラーにスタッカートのついたベーブングという独特の奏法が可能です。

鍵盤楽器の中で音を出すことが最も難しい楽器です。
クラヴィコードを弾けるようになれば、どの鍵盤楽器も美しい音で演奏できる、とさえ言われています。

クラヴィコードの詳しい説明はこちら

フォルテピアノ

近代のピアノは、メディチ家の楽器製作家バルトロメオ・クリストーフォリによって1700年ごろに発明されました。現代のピアノとはハンマーの大きさはもちろん、構造も異なり、演奏には驚くほど繊細な技術が求められます。

フォルテピアノの詳しい説明はこちら

教室のレッスンでは、1814年ca.のフォルテピアノ(複製)を用います。

モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパンの初期作品までのレッスンが可能です。

ピアノとは異なる小さなハンマーを操る繊細なタッチを体感することでインスピレーションが湧き、ピアノ演奏の幅も広がります。

レッスン料

60分 12,000円
90分 15,000円

(2名以上のご参加も可能です)

教室クリニック

個人のピアノ教室の運営やレッスン指導などのコンサルを行っております。

  • ピアノ教室開室(HP、ブログ開設、税務署への開業届申告)
  • 保護者とのお悩み
  • 楽器の選定随行
  • レッスン時の服装
  • 言葉かけ
  • 教材選び
  • 発表会の経営
  • 発表会での選曲

ピアノ講師は孤独な職業です。 一人で悩まれず、小さなことでもお気軽にご相談ください。

60分 10,000円

お電話でのコンサルはもちろん、指導者の方のレッスン室への出張もしています。
また都内のホテルラウンジなどでも可能です。 (交通費別途)