練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

10/27 チェンバロでインヴェンションを弾こう 終了

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

10/27 チェンバロでインヴェンションを弾こうを開催しました。

 
2時間という枠に、バッハの《インヴェンション》という大きなテーマを入れるのは、なかなか頭を悩ますところですが、

自分がどうしてピアノで留学しなかったのかを考えると、
どうしてもエディションの歩みをお話しないわけにはいかない、と考えて、
今回は楽譜と一緒にトランク移動。

 
 


全ての楽譜には、版元や編集者の手が入ってしまうので、
・指番号
・フレージング
・強弱・・etc. が微妙に違いますよね。
 
 
時代とともに、
楽譜の読み方と拍の感じ方が変わっていくんですよね。
 
 
 
下の画像のようなバロック時代の何も書いていない楽譜を見て、


かのクララ・シューマンは
「何も書いていないのだから何もしてはいけない」と言い
 

クララと同時代のリストは
「何も書いていないのだから、その解釈は演奏家の任意によるべきである」と主張していたのですから

同じヨーロッパでさえ、バッハの死から100年後には、演奏法がわからなくなっていたようです。
 
少し前までは、まことしやかにこの論説が正論のようにされていたようですが、この両者の見解はどちらも間違っています。
 

 

ではどこから答えを見つけるのか。

 

それには、
バロック時代の演奏法に関して言えば、
バッハの息子たちや、同時代の教育者、理論家たちの残している資料が、重要な手がかりになるでしょうし

 

さらには同時代の美術、文学、哲学などの他分野からの
総合的なアプローチをかけることで、
欲しい答えに近づいていくものだと思います。
 

 

古楽奏者というのは、
単に古い楽器を使って演奏するのではなく、
その時代の奏法を後世に伝えていく使命を背負っており、
 
さらには、時代とともに変わりゆくメディア(楽器)とどう共存していくのか(はたまたバッサリ否定するのか・・・?)を考えていかなければならない・・・と、
(あくまで私の個人的見解ですが)
未来を見つめながら、
私は過去と現代とを行ったり来たりしています。

 
こうして毎日、脳内移動してますが、 
ああ、やはりドラえもんのタイムマシーンが欲しい。
 

よろしければピアノ講師用のブログも合わせてお読みください。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

 

 

コメントは受け付けていません。