練馬区氷川台・平和台・早宮・桜台・光が丘・板橋区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

小さな小さなプレゼント

2019年10月17日 から Naoko Mizuno | 小さな小さなプレゼント はコメントを受け付けていません。

レッスンが始まる前に

 

「先生、いいにおいのお花、見つけたの。あげる」

 

そう言って、小さなおててから顔を出したのは、黄金色の花びらでした。

 

 

先生、こんなにかわいい金木犀のお花を頂いたのは初めてだよ。

 

ありがとう。

 

すごくすごく嬉しかったよ。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New
・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

待っててくれてありがとう!

2019年10月16日 から Naoko Mizuno | 待っててくれてありがとう! はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台・桜台のピアノとチェンバロの教室 主宰の水野直子です。

 

今年は、結婚という大きな節目を迎えたため、月3回のレッスンは、コンクールなどの緊急対策以外、お休みをいただいていた期間がありました。

9月から完全復帰する予定でしたが、新生活がなかなか落ち着かず、延ばし延ばしにしていたのですが・・・10月に、生徒さんのお母様からお問い合わせをいただき、再開を決意しました。

 

こちらの生徒さんは教室を開講した当初からのお付き合いです。幼稚園の頃からだから・・かれこれもう9年間のお付き合いです。

 

結婚でお休みする最後のレッスンには、お花をくれて

別れ際は、二人でウルウル・・・

 

教室にもたくさんの思い出をくれました。

私が教室で目指すもの。

 

男の子ですからね、そりゃあ、やんちゃな時代もあったもんです。少しモチベーションが落ちて、「そろそろやめるかな?」って覚悟した時もあったし、疲れてレッスン中に、眠っちゃったりしたこともあったなぁ。

でもね〜、彼はやめなかったんです。

むしろ、今は「弾きたい気持ちがあるので、受験前ですがレッスンしてください」とお母様からご連絡がくるほどです。

(受験校は進学校を狙ってます)

 

しかも、週3でサッカー選抜選手、プラス週末はいつも試合で遠征。

 

そんな彼と半年ぶりに会ってみたら、まぁなんと!

手はオクターヴが余裕で届くし(半年前まではちょっときつくて、連打はできなかった)、私とのレッスンがない間の練習は、きちんとこなしてきてくれている!

 

嬉しかったですね〜〜

彼のなかに、音楽が息づいているのを感じて。

 

私の教室は、趣味の子供さんであっても、プロを目指す人であっても目指すところは一つ。

 

それは「自分で音楽が作れるようになること」=「音楽的自立」

 

彼は他教室から移ってきたお子さんで、当時は音符も読めなければリズムも怪しい状態だったのですが、とにかく根気強く、読譜をクイズ形式にしたり・・・それがこうして、成長が見られて、とっても嬉しかったです。

音楽は、子孫に受け継がれなければならない人間の資産。

私が持っているもので、あなたたちが欲しいものは、ぜーんぶまるっと持って行きんしゃ〜〜い!

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New
・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

10/27 ピアノの先生のためのセミナー 【チェンバロでバロックを弾こう】 バッハのインヴェンションへ

2019年10月15日 から Naoko Mizuno | 10/27 ピアノの先生のためのセミナー 【チェンバロでバロックを弾こう】 バッハのインヴェンションへ はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
ピアノ・チェンバロ奏者の水野直子です。

 

 

ブログでの告知がすっかり遅くなってしまいましたが、今月は久しぶりにピアノの先生のためのセミナーを行います。

 

今回は、以前よりピアノの先生からのご要望を多くいただいていたバッハの《インヴェンション》です。

《インヴェンション》の講座は、日本全国たくさんありますが、チェンバロを実際に弾けるセミナーは数少ないかと!

 

 

すでに残席1となっています。ご興味ある方はお早めにご連絡くださいませ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/700f1835638842

 

 

一般的なピアノセミナーって、講師が「30人、40人の前でお話をしていく」、「またはお話をしながら模範演奏をする」というイメージがあると思うのですが、

私の場合は、自分がバロック・古典を好きになったのが、古楽器に触れその演奏法をピアノで置き換えるようになって初めて良さがわかった、というタイプなので、

お話ももちろんさせていただきますが、それ以上に先生方にチェンバロをたっぷり弾いていただけるような講座作りを目指しています。

 

バロック音楽は、そもそも「ピアノ」で作曲されているわけでないので、ピアノで弾くと、ちょっと辛いところがあるんです。

それで、いろいろ自己流で頑張っていると、頑張れば頑張るほどスタイルが崩壊して、こんなはずじゃないんだけどなぁ、とぐるぐるして自己嫌悪。

 

「バロック」に苦手意識のある方は、ひょっとすると、無意識化でそんな齟齬を感じていて、結局「難しい」「弾きづらい」でバロックを敬遠しているのかもしれません。

 

私は自分がバロックに苦手意識があったからこそ、あえてこの世界に踏み込んだタイプなので、そういう気持ち、よくわかります。

このセミナーについてはもちろん、バロックのご相談も随時お受けしていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちらへどうぞ

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New
・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

白露 玄鳥去(つばめさる)

2019年9月25日 から Naoko Mizuno | 白露 玄鳥去(つばめさる) はコメントを受け付けていません。

こんにちは

練馬区氷川台のピアノ教室《水野直子ピアノ・チェンバロ教室》へのご来訪、ありがとうございます。

 

台風の影響でまた暑くなりました。
私の実家(北九州市)も、今回は雨どいが崩れる被害があった模様。
母が今までで一番怖い台風だったと言っていました。


近年、西日本の台風の被害が多くなってきているような気がします。
皆様のお住まいが被害に遭われていませんように。

 

本日のお題は、季節を表す言葉の『白露 玄鳥去(つばめさる)』です。

白露は、二十四節気で、9月8日から22日ごろまで。
草の葉に露が結ぶという意味で、日中はまた暑さが残るとはいえ、朝夕の涼しさを感じる頃だそうです。

 

 玄鳥去(つばめさる)は、二十四節気をさらに三つに分けた七十二候の一つで、18日からの5日間。
この時期は、春に渡り鳥として一羽ずつやってきたツバメたちが、子ツバメを連れて、数千から数万羽の集団となって、帰っていくそう。
そして玄鳥去に新しいことを始めると、運が開ける、とも言われているそうです。

 

 そこで、私は開運と自分の趣味を兼ねて、お花の投げ入れレッスンを受講しました。

お花は、おもてなしと自分の氣を上げるために、小さくてもお部屋のどこかに飾っておきたいと思っています。また毎回、選ぶのも楽しみしています。

ちょうどお花のレッスン週に、小学生のレッスン生さんから「先生、いつも、違うお花を飾ってる〜〜」と褒めてもらったのでした♪ 生け方は自己流ですけどね。

 
(9/18 
ユリ、デンファレ、秋の紫陽花)

 

レッスンは9/21。

先生がご用意くださったのは

  • ダリア(黒鳥)
  • 紅スモモ
  • パニカ
  • クロコスミアベリー

ザ・秋!な色彩。こういうボルドー系って大好きなんです。

ドキドキのレッスンでは、お花をいける前に、各花の処理方法をお教えいただいてから、さあいけよう・・・!なのですが、どこからいけたらいいのかあたふた・・・で、基本の「き」から手取り足取りお世話になりました。

投げ入れは軸が大事、とのことで、まずは先生に軸となる形にふさわしい枝を選んでいただき、挑戦↓

花弁のあるお花の見せ方と、茎の見せ方に、悩む悩む・・

透明な花器は、茎が揃う美しさも大切だそうです。

そういえばピアノも足元が美しくないと、興ざめしますよね。その上、ペダルを踏む音がキシキシしていたりすると、上半身から出る音がそれなりに整っていたとしても、すべて台無しですよね。。。芸術って、美しいこと。(美術は、そうじゃないものもあるみたいですが、少なくとも音楽はそうだと言えます)

そして「美しい」って、どこか一部分だけで「美しい」との判断はできないってこと・・ということは、「美に終わりなし」か・・・

 

などとを思いながら、1時間、先生にチェックをしていただきながら完成。


顔が疲れている私…笑

他の生徒さんと一緒に並べてみると、あら、素敵!

向かって右は、プロ志望で修行中の方、中央の方はブーケ、そして左が私の(というのはおこがましいくらい、先生に手伝っていただいた)作品。

作品完成後は、唎酒師でもある先生がチョイスしてくださった日本酒カクテルと

栗を使ったクレープで歓談。

最高の出発でした!

 

こちらの会は、毎月第3土曜日に開催されているそうです。

私は10月から1月まで、毎週土曜日、語学の勉強があるのですが、参加できる時があれば行きたいと思っています。大人の生徒さん、もしご都合つかれましたら、その時はご一緒しましょう〜♪

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New
・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

運動会前のレッスンは?

2019年9月20日 から Naoko Mizuno | 運動会前のレッスンは? はコメントを受け付けていません。

こんにちは。


練馬区のピアノ教室《水野直子ピアノ・チェンバロ教室》のブログへご来訪いただき、ありがとうございます。 

中秋の名月が過ぎ、秋の運動会のある学生さんたちは
練習に励む毎日かと思います。

我がレッスン生さんたちも、夏の日焼けが薄まることなく、ますます日焼けしている様子。

話を聞くと、毎日何かしらの練習をしているようです。

そんな生徒さんの姿を見ながら、自分も歩んできた道とはいえ、「ハードな毎日を頑張っているなぁ」と感心しています。

 

毎年、運動会の時期になると、ブログに書いたり、お迎えの際に保護者の方へお話ししていますが、再び書いておこうと思います。

 

就学前&小学校低学年の児童は、この時期、すっごく疲れるので、毎日練習するのが辛いかもしれません。いつもよりピアノへ向かうのに時間がかかったり、思うように練習ができなくても、ご家族の方はその様子を見ても焦らなくていいです。

運動会が終わって、体力に余裕が出れば、元に戻ります。

レッスンも、集中が途切れていつものようにできなくても、また時間が短くなったとしても、がっかりされないでください。

その後のレッスンでいくらでも取り戻せます。

 

でも、お願いがあります。

 

レッスンに行く前に、疲れて少しぐずったとしても(甚大な病気の前兆は別です)、できるだけポジティブな言葉がけをしながら外出を促してください。

例えば

「一週間、頑張って練習したから、先生に聞いてもらおうよ〜」
「先生、〇〇ちゃんに、会いたいから、待っててくれてるよ〜」
「今週、疲れてるのに、ピアノ練習してたよね。偉かったよね」など

ね、いくらでも、褒め褒めワードが出てくるでしょ♪

自分が言われて嬉しい言葉をかけてみてくださいね。

 

そしてもう一つ、心配なのは、小さいお子さんだけでなく、騎馬戦や、組体操をしている高学年の生徒さんたち。

毎年、大きな事故が起こらないかと心配しています。あれって、必要なのかな???

 

どうか怪我せず、楽しめますように・・・!

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New
・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

ピアノでバッハ:シンフォニア第2番 ハ短調 

2019年9月18日 から Naoko Mizuno | ピアノでバッハ:シンフォニア第2番 ハ短調  はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台、平和台、桜台のピアノ・チェンバロ教室  
水野直子 ピアノ・チェンバロ教室》ブログへのご来訪、ありがとうございます。

 

今日は「ピアノでバッハ」です。

前回の記事ではチェンバロでバッハのシンフォニア2番をご紹介しました。

チェンバロは、ピアノのように強弱もつかないし、ペダルもありません。

ピアノでバッハを弾いたことのある方は、ピアノができることを削りながら「バロック的」(そもそもバロック的って何か、という疑問も生まれますが)な演奏になるように努めませんか。

そこで私は、ピアノでのバロック演奏を「引き算の演奏法」と呼んでいます。

 

ですが、チェンバロはレガートも強弱も、すべて『指』頼みです。

 

例えばレガートは一音一音を重ねるように、強弱をつけたい時は和声を重ねたり、減らしたり、和音をずらして音を減衰させたり・・・と、色々なテクニックを使って、音の幅を立体的に構築していきます。

ピアノ脳でいると、チェンバロを目の前にした時「ピアノでは、ペダルも付けられて、強弱も簡単にできるのに、チェンバロではそれができない・・・」と、チェンバロの素朴さにがっかりするかもしれません。

でもこの楽器は素朴だからこそ、そして指の技術を生かせば生かすほど、驚くほどのAffectを引き出してくれます。

こうした理由で、私は、チェンバロの演奏を「足し算の演奏法」だと感じています。

 

ブログの読者のみなさまはご存知かと思いますが、私は、チェンバロもピアノもどちらもリスペクトしています。

だからピアノでバッハを弾くのもすごく好き。この夏、バッハを練習していて、改めてバッハの魅力にはまってしまいました。

手前味噌ですが、お聞きいただけると嬉しいです♪

 

 

今日はもう一つ踏み込んで、ハ短調という性格について少し述べたいと思います。

ハ短調は、作曲家にとって特別な調です。

ハ短調の同主調であるハ長調は、何一つ調号がついていません。

でもそれが短調になると、途端に3つものフラットがつくんです。

刺激の強い現代人にとっては、あまりピンとこないかもしれませんが、全く何もなかった0から3になることは、驚くほどの変化を促します。

ハ短調の曲で有名なのは、ベートーヴェンの交響曲第5番《運命》。
カラヤン&ベルリンフィルでどうぞ↓

 

激しいですよね。実際、最初の「ソソソ ♭ミーーー!」では、当時の人々もかなり驚愕したそうです。

 

でもその後に続くフレーズは・・・優しくないですか?

すぐにクレッシェンドが来るので、「ソソソ ♭ミーーー!」にびっくりしていると、さらっと通り過ぎちゃいますが・・(そこがベートーヴェンのすごいところ!)

 

実はこの「ハ短調」という調性は、バッハと同時代の音楽理論家マッテゾンが『新設のオルケストラ』(1713)で

  1. 並外れて愛らしく、同時に悲しい
  2. 愛らしい性質が出て来やすいため、多少活気のある、あるいはこれと同等な性格な動きを用いることによって、生気をもたらすのは悪くない

とまとめています。

 

私はこのマッテゾンの意見がバッハのこの作品にドンピシャリと当てはまっていることに、感動しています。

 

演奏が自己流になってしまう、バロックがロマンティックになってしまう・・そういう時には、同じ曲の演奏をYouTubeで見るよりも、ジャンルに関係なく同じ時代の曲を聴くことをおすすめします。

その際は、ジャッジせずに、たんたんと聴くのが大切かなぁ、と思います。

そこに本を読む時間が取れたら、最高ですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New ・子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。


教室LINE@アカウント 
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。  

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

チェンバロでバッハ:シンフォニア第2番 ハ短調

2019年9月2日 から Naoko Mizuno | チェンバロでバッハ:シンフォニア第2番 ハ短調 はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台、平和台、桜台のピアノ・チェンバロ教室  
水野直子 ピアノ・チェンバロ教室》ブログへのご来訪、ありがとうございます。

 

今日のお題は「チェンバロでバッハ」です。

 

バッハといえば、小学校の音楽室で白いカツラをかぶったおじさんの肖像画を思いだす方も多いでしょう。

バッハは「音楽の父」と呼ばれていますが、これは日本独特の呼び名です。

イタリアでは「パパ・バッハ」と呼ばれますが、それはバッハの2人の息子たち(両者とも音楽家)を踏まえての「パパ」であって、音楽史上の「パパ」ではありません。

 

「音楽の父」なんて名前を聞いたら、バッハが西洋音楽を大成したような錯覚に陥りますが、そんなことはなくて、バッハよりも、もっと以前からその時々に名曲があり、

実際にバッハも、鍵盤音楽はフローベルガーをお手本にしていたし、バッハと同時代の作曲家にも傑作はたくさんあります。

だからバッハを「音楽の父」として、小学生に刷り込むのは、「ちょっと、どうなの?」と、疑問に思います。

とはいえ、私がチェンバロの世界に入ったきっかけは、この「バッハ」大先生です。

その理由は単純明快。

ピアノを上手くなるために、ピアノ科の音楽史で一番はじめに登場する「バッハ」の勉強をし直そう、と、「バロック」と「チェンバロ」に恐る恐る足を踏み入れていきました。

でも実際にその世界へ入ってみると「バッハ」を知るには、「バッハ」以前とバッハのその時代のヨーロッパ事情(音楽習慣はもちろん、生活環境、社会の流れなど歴史的背景)を知ってなければ、単なる技術的アプローチだけでは全く太刀打ちできませんでした。

そこで、「楽譜」を木の幹として、枝葉を伸ばすために歴史学的アプローチが加わり、より深淵へと突き進むことになるわけですが・・この手の話はまた少しずつ行うとして。。

 

私自身は、「弾くことが好き」から音楽家になったわけですが、こうして座学の勉強をし始めて、文字を追うことも好きだったもう一人の自分を知り、どんどん楽譜以外の資料を集めては、せっせと読んでいるのですが・・・そうすると、読むことばかりに没頭して、今度は演奏することが二の次になってしまう・・・これをチェンバロを弾くようになってから、かれこれ20年ほど繰り返しています。

 

前置きが長くなりましたのでそろそろ本文へ。

 

実は、この夏のレッスンでは、ピアノレスナーやチェンバロ愛好家の方の『インヴェンションとシンフォニア』率がものすごく高かったので、私も夏休みを利用して復習していました。

チェンバロとピアノは同じ鍵盤楽器とはいえ、その発音構造が全く異なる、ということは、もはや周知の通りですが、「でも実際にはどう弾くのか」というのは、ピアノ脳ではちょっと想像できないかも。

特に「バロックがロマン派みたいになる・・・」とお悩みの方は、一度、チェンバロを弾いてみるのをオススメします。

 

動画は3声のシンフォニア、第2番 ハ短調。

 

 

2声のインヴェンションに比べると、3声はとたんに難しくなるので苦労するところもありますが、チェンバロの3声は、ピアノ以上に縦のハーモニーが感じられて、厚みもあり、私はすごく好きです。

チェンバロでバッハを弾くと、テーマの大切さだけでなく、和声の大切さがよくわかります。

 

バッハはテーマを頭のなかで鳴らしながら、和声を感じていた人なんじゃないかなぁ、と思います。

 

ピアノの演奏もありますが、長くなったのでそれはまた次回に。

ハ短調のイメージなども、マッテゾンの論文からご紹介しますね!

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

What’s New

・新規の子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜、水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンには対応させていただきます。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。

上記2つはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます
↓ ↓
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。

 

 

再生回数1万3千回超えました♪

 

 


シンフォニア第1番 ハ長調も、ご興味あればお聞きください♪

 

 

 

夏休みが終わるのが憂うつ・・小・中学生の自殺予防プロジェクトがピアノ教室にも広がりつつあります

2019年8月28日 から Naoko Mizuno | 夏休みが終わるのが憂うつ・・小・中学生の自殺予防プロジェクトがピアノ教室にも広がりつつあります はコメントを受け付けていません。

こんにちは! ピアニスト・チェンバロ奏者の水野直子です。

練馬区《水野直子ピアノ・チェンバロ教室》のブログへのご来訪、ありがとうございます。

タイトル通り、今日はちょっと重い話になるかもしれません。

 

夏休みが明ける前に、メディアを通して「自殺防止」を訴えているのをご覧になっている方も多いと思います。そして年々、その声が大きくなっているのを感じています。

私も夏休みが明けるのが、本当に嫌で嫌で仕方がなかった頃があります。

それは単に、「学校で勉強をしなくてはならない」という「面倒くさい気持ち」だけではなく、対人関係に関する問題がそうさせていました。休み明けは、足取り重く、登校していたのを今でもよく覚えています。

私の場合は、その主な原因が担任教師でした。小学校高学年のことです。

今でこそ、教師による「体罰」や「いじめ」「差別」「えこひいき」などが少しずつ明らかになってきていますが、それらはまだまだ氷山の一角だと思っています。実際、今月のはじめにも、生徒さんから「先生が意地悪で嫌い!」とレッスン中に話されたことがあります。

では私が子供の頃の約40年前はどうだったかというと・・・言わずもがな、特に同世代の読者のなかには想像できる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の育った街は、福岡県の北九州市という街です。福岡県には大きな市として、西に福岡市、北に北九州市があります。

一般に福岡と呼ぶと「福岡市」をイメージされる方もいらっしゃると思いますが、北九州市は福岡市とは比べもののならないくらい、ガラが悪く、今でも奇天烈な成人式の様子がニュースになっています。そして今以上に男尊女卑で、年功序列思考、教師からのいじめや体罰を経験しました。子ども心に、この世の不条理を感じ、1日の大半を共に過ごす教師からは、圧力と恐怖を感じ、下を向いて暮らしていました。

 

例えば、忘れ物をしたら「ビンタ」「腿へ平手打ち」「げんこつ」がとんでくるし、テストで60点だったら教室内で立たされる(その時はさすがにやりすぎたと思ったのか、家に探りの電話を入れてきた。。鬱陶しいったらない)、机の中が汚かった生徒を、朝のクラスルームでみんなの前に立たせる、とかね(これはさすがにやられたことないですけど)。あげるときりがない。

そうそう、今でも「どこまで傲慢なんだ」と思うのは、自分の誕生日を機に、卒業するまで生徒全員に毎日日記をつけさせる、という行為を強制したんですよね。(もちろん、納得いかなくて数ヶ月書かないでいたら、他の「書かない人」と一緒に放課後呼び出されて、ゲンコツ喰らった)

「一言日記」をつける、という習慣を学ばせるのは、まぁ、百歩・・五百歩譲ってもアリかもしれませんけど(いや、No Thank Youだな、やっぱり)、それを自分の誕生日にさせる、ってね〜。。

要するにそういうナルシストな人だったんですね。

ではクラスはどうかといえば、担任の愚行で生徒同士が団結することもありましたね。でも所詮、10代そこそこの子どもですから、権威を振るう教師には全くかないませんでしたけれどね。

 

こんな学校をそれでも行き続けられたのは、学校が終わったらさっさと帰って、自分の世界に入り込めたから。

私の場合はそれが「ピアノ」でした。学校で嫌な気分になったら、大好きなピアノの世界に入って、弾いて弾いて・・・そうして今の自分があります。

それにピアノって不思議なもので、弾き終わると気持ちがリセットされて、嫌な気持ちも浄化されているんですよね。

 

学校以外に打ち込めるものがあって、救われたし、幸せだったと思います。夏休みが来るとホッとして、始まる前になると憂鬱だった時の気持ちは今でもすぐにフラッシュバックしますから。

夏休みの宿題も、家でやると学校での嫌なことを思い出すので、最後の最後までランドセルから出したくなくて、宿題は「カツオ」と「まる子」状態。

私の場合は「怠ける」というより、もっと深い部分で宿題ができなかったような気がします。

もし「うちの子、宿題が全然終わってない」と嘆いている親御さんがいたら、「勉強が面倒くさい」「休みだから遊びたい」の他に何か理由があるのかも。

 

その理由が生死を分けるものであった場合・・ここに現在の日本の子どもの自殺について書いた記事があります。

ピアノ こころのほけんしつ

 

私が今日書いたのは対教師、でしたが、もちろん対同級生、対音楽家との「いじめ」「陰口」も経験しています。

 

縁あって同じ地球に、同じ時代に生まれてきたのに残念です。

 

この世に生まれたこと、そのものが奇跡。

奇跡を叶えた、あなたのかけがえのない命を大切に。

 

ご希望の方にお渡しします。お気軽にお申し出くださいませ。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

What’s New

・新規の子どもの生徒さんの募集を開始しました(火曜ただいま準備中・水曜、木曜対応)

・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。

・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。 どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます

友だち追加

タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。

ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。 メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

  水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、 大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み後のレッスンがはじまりました!

2019年8月27日 から Naoko Mizuno | 夏休み後のレッスンがはじまりました! はコメントを受け付けていません。

● 夏休み後のレッスンがはじまりました!

 

練馬区のピアノ・チェンバロ教室《水野直子ピアノ・チェンバロ教室》のブログへのご来訪、ありがとうございます。

 

 

今年の夏はいかがでしたか?長らく梅雨があけないと思っていたら、あけたとたんに猛烈な暑さになりましたね。
練馬の公立小学校は9月から学校が始まると聞いています。
いろいろと準備があると思いますが、一番は心身の健康だと思います。
夏休み最後の週も、充実した日々を過ごされますように。

さて私の夏休みはと言いますと。
私も夏休みの間は、ブログの更新をお休みさせていただいて、充電をしてきました。

 

今年は3月の教室発表会から始まり
ひなまつりコンサート
入籍
結婚
引っ越し
新居探し
と、新しい扉がダダダダダー!と開いたと同時に次の新しい扉を開く、を繰り返していて、仕事では味合わったことにないエネルギーの放出を経験しました。

でも一人でいた時よりも気持ちは楽で、「これが結婚なのか〜〜」と思ったりしました。

 

また夏休み中は、私も集中して練習できました。
いつものチェンバロ、フォルテピアノ、ピアノに加えて、クラヴィコードもスタジオに入れてギューギューになってしまいましたけれどね。

クラヴィコードは夫と一緒に運んだのですが、楽器を初めて運ぶ夫は、楽器の重さに驚いたようでした。

数日経つと、楽譜が散乱・・楽器の上にも床にも、いろいろ転がっていますね。

大雑把な性格なんです(汗)

 

練習した曲は

  • バッハ:シンフォニア2番(クラヴィコード、チェンバロ、ピアノを使用)
  • バッハ:パルティータ2番、4番(チェンバロ)
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ《テレーゼ》(フォルテピアノ)
  • ショパン:黒鍵と革命のエチュード、英雄ポロネーズ(ピアノ)
  • ラヴェル:道化師の朝の歌(ピアノ)

でした。

私は今バロックが好きで、よく弾いていますが、もともとはリストやラヴェル、ラフマニノフなんかを好んで弾いていて(バロックはその当時から好きでしたが、どう弾いていいかわからず放置状態でした・・)、修士論文もラヴェルの《夜のガスパール》だったのですが、バロックを勉強してから弾くラヴェルは、楽譜の読み方や捉え方がガラリと変わって、頭のなかがとても整理されているのを感じました。

音楽って歴史なんだと改めて思った夏でした。

それから、3月下旬から行ったピアノの大メンテもなかなかよくて、この分だと次の引っ越し(来年7月)に弦を総張り替えしたら、もう私が地球を去るまでしなくてもいいかな、という具合で、満足満足、という感じでした。

 

秋からも、みなさんが教室のピアノをたくさん弾いてくれるのを、とーっても楽しみにしています!

 

 
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

What’s New

・新規の子どもの生徒さんの募集を開始しました(水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます
↓ ↓
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

 
【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。

たとえいつもより練習できていなくても、レッスンでやれることはたくさんあります

2019年8月7日 から Naoko Mizuno | たとえいつもより練習できていなくても、レッスンでやれることはたくさんあります はコメントを受け付けていません。

● たとえいつもより練習できていなくても、レッスンでやれることはたくさんあります

 

練馬区氷川台のピアノ教室主宰の水野直子です。
いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

夏休みになり、お盆を前倒ししてご実家へ帰省される方もいらっしゃいます。

 

律儀なお母さんたちは、「先生、実家に帰省するので次のレッスンでは練習できないんです、ごめんなさい」とご挨拶にお越しくださったり、お手紙をくださったりします。

 

私へのお気遣い、ありがとうございます!

 

でも、心配しないでくださいね。一年に1回や2回しかない貴重なお休みです。いつも頑張ってるんですから、せっかくのご実家への滞在は、ゆっくりされてこられたらいいと思いますよ。

 

たとえピアノを弾く練習ができていなくても、ピアノを使わずにピアノを弾くための勉強はたくさんありますからね。

 

 

リフレッシュして、また元気な姿を見せてくださいね!

 
リフレッシュした後の脳は、お休みした分以上の働きをしますよ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

What’s New

・新規の子どもの生徒さんの募集を開始しました(水曜、木曜対応)
・音大受験、コンクール対策、チェンバロレッスンは随時対応しています。
・ピアノ指導者のセミナー、レッスンは平日の午前中に行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせは教室LINE@アカウントもご利用いただけます
↓ ↓
友だち追加
タップ、またはクリックで簡単&一秒で登録できます。
ライングループとは違い、登録後は誰にも知られずに私と1:1のトークもできます。
メールよりもかしこまらなくて、私もよく利用しています。

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています

 

【水野直子 ピアノ教室(子供編)紹介動画】

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。