練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・氷川神社近くの個人教室です。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区をはじめ和光市や志木、葛飾区、文京区からお越しです。またピアノ指導者の方にはバロック指導やセミナーを通じて交流させていただいています。

日本バッハコンクールで審査をさせていただきました

2020年2月10日 から Naoko Mizuno | 日本バッハコンクールで審査をさせていただきました はコメントを受け付けていません。

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ



2月8日(土)、日本バッハコンクール小学1、2年生Aの審査をさせていただきました。

全国大会へ進まれた皆さん、おめでとうございます!
皆さんのここまでの道のりを考えると、涙が出ます。

この日は200名超の演奏を聴かせていただきました。お一人ずつ寸評を書かせていただいております。

短い時間ではありましたが、精一杯、時間ギリギリまでかけました。汚い字なので、読みづらいかと思いますが、お役に立てますと嬉しいです。

 

さて、バロック音楽は。。私がこの上なく愛する世界です。

自分自身を振り返ってみますと、当初、バロック音楽にコンプレックスを感じて入った世界でしたが(もう20年以上前だな・・)、
こうしてピアノだけでなく、時代や国の異なる楽器に触れるようになってからは、
ピアノという現代の黒い楽器の可能性、有用性を感じるとともに、
古楽器との違いを目の当たりにし、戸惑いつつも、ピアノとチェンバロを使って音楽活動をするようになっていました。

音からの気づきは、楽器や楽譜が助けとなりますが、
音からだけでは得られないものは、多分野からの力を借りたり、また「本」を読まなければなりません。

これは、イタリア留学時代の自分の話ですが、
例えば、レッスンで「先生がこう言ったから」という演奏は、全く通用しません。

「先生がこういうのは、これこれの理由があるからだ」ということを自ら搾取しなければ、本当の意味で理解したことにはならないし、薄っぺらい演奏のままです。

楽器だけ弾いていても、いくら指が動いていても、演奏に説得力が生まれないんですね。

 

それを踏まえて、書いてみます。

今回の課題曲は、短く可愛らしい曲が多かったですね。

短い曲には、短い曲の良さがあって、そして当然、短く作曲された理由があります。
その中に必ず起承転結があります。
それはバロックの場合、音型を見れば一目瞭然です。

音楽は先へと進むものですから、演奏者もその音楽を進ませようとする意思が必要です。

また短い曲には、過度なリタルダンドはあまりふさわしくありません。それは音楽の流れが止まってしまうからです。長くずるずる引っ張るよりも、終わった音の余韻を楽しむと良いと思います。

時々、終わりの音を、楽譜に書かれている音価以上に伸ばす演奏を聞きますが、それはあまり感心しません。

また、弱音にも響きを失わせてはならないですね。左右のコントロールに加え、ピアノのコントロールも大切ですね。
そのための耳も育てていけるといいですね。

人が育つためには、たくさんの「経験」が必要ですが
この経験を、今からたくさん持てる皆さんを羨ましく思います。

さて今回、当教室でレッスンを受けられた方は、指導者のレッスン指導を含めまして、そのご門下生も全員、賞を獲得されたそうです。

昨日から嬉しいニュースとともに、トロフィーを持った写真付きのメッセージが送られてきています。

みなさん、やりましたね!

奨励賞で、悔しくて泣いた方もいらっしゃったようですが、審査員長の渡部由記子先生がおっしゃったように、審査は僅差です。もしかしたら演奏の順番が違ったり、時間をおいて審査したら、点数が変わるかもしれません。

そんな中で戦った自分を、まずはたくさんたくさん褒めてください。
悔しい思いは、次回、爆発させればいいんです。

同じように、このコンクールを目指して努力されてこられて、今回は残念ながら全国大会出場まで至らなかった方々にも、大きな大きな拍手を送りたいと思います。

小さなうちから、こうして一人で舞台へ上がる勇気を持てるあなたたちの未来には、きっとたくさんの幸せが降り注ぎますよ。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

開運 穴八幡宮 一陽来復

2020年2月4日 から Naoko Mizuno | 開運 穴八幡宮 一陽来復 はコメントを受け付けていません。

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ

 

経営者は、結構な確率で風水、占いなどを重要視するのをご存知ですか。

神田明神は、毎年、企業のお偉方が初詣へ行く神社としてとても有名ですし、年末の酉の市には、大きな熊手が並びますよね。

私もはばかりながら、経営者の端くれとして、今年の節分も、金運を融通くださる穴八幡宮へ参拝しました。

穴八幡宮は一陽来復のお守りで有名です。

いつも混むので、朝早く出かけましたが、到着してみると、そうでもなく、すんなり参拝でき、無事、一陽来復のお守りもお分けいただけました。

一陽来復のお守りは、当時から節分までしかいただけない、貴重なお守りです。
このお守りを、冬至、大晦日、節分のいずれかの、午前0時に、恵方に向けて、家の高いところにお祀りすると、金回りが良くなる、と言われています。

気になる方は、検索してみてくださいね。

 

この日はとてもお天気が良く、ご神木を通して太陽の光が燦燦と輝いていました。

黄金の亀さんも、ご利益ありそう。


帰宅後は、午前0時にしっかり祀りました。
今回は、玄関を開けたらすぐ目の前、にあえて祀ることにしました。


(左の濃い色の扉がレッスン室)

静かなリビングでもよかったのですが、あと半年でこのスタジオともお別れなので、賑やかな様子を神様にもご覧いただこうかな、と思ったんです。

2月のレッスンは水曜日から。楽しく朗らかに、過ごしましょうね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

ピアノ演奏でも地に足をつける 

2020年2月2日 から Naoko Mizuno | ピアノ演奏でも地に足をつける  はコメントを受け付けていません。

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ

「地に足をつける」

この言葉は、先達からのアドヴァイスとして
子供の頃から聞かされていた言葉でした。

みなさんも、きっと一度くらいは、言われたことのある言葉ではありませんか?

「地に足の着いた行動」とは、広辞苑によると「考え方や行動が堅実・着実で、裏づけがしっかりしているさま」とのこと。

今日は、いきなり日本語講座になってしまいましたが、これには訳があるのです。

私は今、趣味でヨガをしています。


忙しくなると行けない時もありますが、ある先生との出会いがあり、運動嫌いの私ですが、週に一度、どうにか時間を作って行くようにしています。

カメさんペースですが、今年で4年目です。

私の体は、すっかり「ピアノを弾く」体になってしまっているので、もう、背中の後ろで手をつなぐことはできません。

両肘を手で持って、頭の後ろへ持っていくこともできません。左右の手首を掴んで、腕をあげるのが精一杯です。

小さな頃から1日何時間ものピアノの練習をしていたので、肩が胸の内側方向へ入り込んでしまっているんですね。

またダウンドッグのポーズでは、足首が床に着きません。


これはペダルを踏み続けた弊害です。

いえ、違います、弊害ではないですね。

ヨガのポーズが、ピアノの弾きすぎで決まらなくなったのは、すべて、ピアノを弾き続けてきたからこその勲章です。

だからこそヨガをしていると、楽しいんです。

 

頑張ってきたね、よしよし、とします。

そしてポーズの完成系にとらわれずに、ポーズをしようとする、その過程を見ることができるのも、とても楽しいです。

 

この過程は、ピアノを練習している際に、できないところを認めて努力する姿勢を学んできたから、楽しめます。だって、やり続ければ、いつかはできるようになることを知っていますから。

 

 

ヨガの話に戻りますが、出来ないポーズは、私が今まで違うところで頑張ってきた証です。そしてできなかったポーズが少し形になると、できるようになった喜びが湧いて、体に余裕ができて、さらに、心にも余裕ができます。
昨日まで知らなかった自分の可能性を知ることができるのです。

自分の体のことなのに、案外、自分を知らないものだなぁ、と毎回気づきがあります。

 

 

先週、先生から「足をしっかり踏もう。そうすれば心が安定する」という声かけをいただきました。

その時、私は「ハッ」としました。

ピアノを弾いている時、特に「やるぞ!集中!!」という時、お腹に力を入れて、足をがっちり地面に根付かせるイメージで体の中心を感じます。

そうすると自分がブレることなく、最後までエネルギー全開で弾けるんです。

 

確かに、レッスンで、タッチが頼りなかったり、重心が支えられていない生徒さんの演奏を見ていると、足が定まっていないことが多いです。

だから余計にミスをするんですね。

 

 

「足の安定が心の安定につながる」というとても大切なことを、ヨガが思い出させてくれました。

今週はコンクールの審査もあるので、行けるかどうか、という感じではありますが、参加できるように調整したいなぁ。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

2月1日

2020年2月1日 から Naoko Mizuno | 2月1日 はコメントを受け付けていません。

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ

 

2月1日は私にとって特別な日です。
イタリア留学から完全帰国をして、成田に着いた日です。

 

去年の12月から今年の1月にかけて、久しぶりにイタリアへ行って、あの頃と違う目線でイタリアや日本を見ている自分に気がつきました。

 

イタリアからたくさんのプレゼントをもらったなぁ。

 

という気持ちと、

 

日本に帰ってからも、たくさんのプレゼントをもらったなぁ。

 

という気持ちが交錯していました。

 

 

毎日忙しくしていると、1日が終わることには、とても疲れてしまっていて、回顧することもなくベッドへ直行、グースカピ〜となりますが、

今日はちょっと一人の時間を大切にして、自分と向き合っています。

 

幸せな時間です。

 


写真は、イエスの誕生に贈り物をするマギ(東方三博士)たち、ラヴェンナ

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

柔らかな演奏はどこから?

2020年1月21日 から Naoko Mizuno | 柔らかな演奏はどこから? はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

ブツブツと切れて、硬い演奏になっているのをよく見かけます。

これは、休符の時、さらに目立ちます。

そうなってしまう時は、腕ごと指を持ち上げていることが多いですね。

そういう癖がついている人は、手指が硬く鈍い人が多いです。そしてさらに力が入って、音楽が止まる残念な演奏になり、それが続くと、難易度の高い曲は弾けなくなるし、体も壊れていきます。

 

 

こうした演奏の心理には

休符=休み

という方程式があります。

 

 

 

日本語の「休符」という漢字がまずいのかしら?

「休む」を、歩いている時に、「よっこいしょ」と言いながらその辺のカフェやベンチにどっしり腰を下ろす感覚で捉えていませんか?

今の季節なら、こたつに入って、ごろん。とか?

それでは、デブる一方ですね。

 

 

イタリア語で休符は「パウザ pausa」と言います。あら、一気に、格好良いイメージなりましたね。

 

どういう時に使うかというと、もちろん日本語のように、

  • 一休みする

というものから

  • 一息いれる
  • 文や詩のくぎり

という意味でも使われます。

 

私はこれを「次に続くための沈黙の動」として捉えています。

休符には、文字通りその瞬間に音はありませんが、音の鳴らない時こと、時間の流れや動きを楽しみます。

そして、音の鳴っていない時間に、次の音の準備をしたり、前のフレーズをリセットするための、心地よい呼吸をします。

 

この呼吸がとっても大切です。次に鳴らす音をイメージしながら、体のどの部分を動かすか、といったイメージもするんです。

 

休符に優雅さが感じられない演奏を聴くたび、私は、藁で編んだ長靴を履いた童が、自分の膝丈ほど積もった雪の中を、ズボッ、ズボッと、こけないようになんとか歩いている・・・そんな風景が目に浮かんでしまいます。

 

そうではなく、バレリーナやフィギュアスケート選手のような、柔らかい動作で曲を続けていってほしいです。

 

そのために必要なのは、実は、手首の柔らかさなのです。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

好きなことが仕事になっている幸せ

2020年1月20日 から Naoko Mizuno | 好きなことが仕事になっている幸せ はコメントを受け付けていません。

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ

 

 

質問です。
あなたは「ピアノ講師」という職業に、どんなイメージがありますか?

 

10秒ほど考えてみてください。

 

このブログの読者は

  1. 子どもにピアノを習わせたい親御さん
  2. 自分自身のピアノ教室を探している大人の方
  3. プロを目指している方
  4. プロ(主にピアノ指導者)

がほとんどだと思います。

 

1. 2. 3.の方の「ピアノの先生の仕事」って、どんなイメージでしょうか。
「好きなことが仕事になって、素敵!」と思ってくださると嬉しいです。

 

世の中には、なんとなく大学へ行って、なんとなく就職して、という方もいらっしゃいます。

でも、その方々も、日々、好きなことを見つけて、アフターファイブや休日を楽しんでいますね。こうした方々にとっては、「仕事=お金」です。

昔、ある生徒さん(確かそのとき小学1年生だったかな?)に「あなたの将来の夢は何?」と聞いたところ、「お金をいっぱい稼ぐ仕事に就くこと」という答えが返ってきました。

 

私は(なるほど〜 今はそういう時代なのか〜〜・・・)と、ちょっと寂しく思ったものです。

 

話を戻しますね。

 

実は、「ピアノの先生」という職業は、世間から見ると、どうやら弱い立場にあるようです。

この場合の「弱い立場」とは、

  1. 音大を出たばかりの若い先生、というイメージ から始まり
  2. 低収入 (地方ではワンコインレッスン、もあるそうな)
  3. 旦那の扶養内でチョロっと働く
  4. 暇な時間は優雅にピアノ(ピアノは優雅では決してないです・体育会系ですよ)
  5. ピアノを弾くこと自体、お嬢(というイメージ)

など。

 

あら、ほとんど負のイメージになっちゃった。

 

昔、業務祈願で神社へ行ったところ(どこの神社かすぐバレちゃうかもしれませんが、もう世代交代しているようなので、書いちゃおう)、

神主の奧さんが受付にいらっしゃって「仕事は?」と聞くので、「ピアノを教えています」と言ったら「あら〜、優雅でいいわね。うちは掃除も大変で」と言われました(笑)

あと、ある私立の高校の先生に、仕事をたずねられたので、「ピアノを教えてます」と言ったら「貧乏でしょ」と言われた経験も(怒)

 

いやいや、貧乏なのは、あなたの周りにいる「ピアノ講師」であって、私じゃないですけど・・と思いましたが、ま、これが世の「ピアノ講師」のイメージなのかもしれませんね。

逆に言うと、そんな、旦那や実家におんぶに抱っこされたピアノ教師でも、生きていけていた時代もあったのかもしれませんね。

 

今は、そういう先生と、経営者として胸を張って教室を運営している先生とが、完全に二極化しています。

 

そして前者の先生は、どんどん時代に乗り遅れ、そればかりか、「ピアノ講師」としてのスキルも右肩下がりです。だって、生徒さんのために、努力していないのだから。

 

あなただったら、細々と、音大を出た時の知識だけで、「優しく」「いつもニコニコ」「楽しい」レッスンと

ピアノ指導者として「うちに来た生徒は、全員、上達させる!」と、向上心と熱意を持ちながら、真剣にピアノ教育を考えている先生のどっちを選びますか?

 

自営業で、好きなことを仕事にしている、ということは、お金につながる努力をしている、ということです。

努力も、好きなことのために努力をしているので、努力が苦しく思うことはありません。いくらでも努力できちゃう。

 

子供たちにも、好きなことが仕事になる、そんな「自分の道」を見つけて欲しいですね。

 

 

週末は、ピアノ教室の経営者間で、勉強会をしていました。写真は、8時間の勉強会後に、3人でさらに情報交換。

 

去年お休みをいただいた分、今年は、皆さんを、今までの2倍、3倍、ピアノで幸せにしていく!と決めています。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

地鎮祭:2020年1月18日(土)大安 

2020年1月18日 から Naoko Mizuno | 地鎮祭:2020年1月18日(土)大安  はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

2020年1月18日(土)大安の本日、地鎮祭を執り行いました。

雪混じりの寒い日でしたが、無事に終わってホッとしています。

 

地鎮祭は朝10時からだったのですが、夫と私は9時50分に集合、と連絡を受けておりましたので、素直にその時間に行きましたら、なんと、神主さんは朝8時にはすでに祭壇をお作り下さっていた、ということが判明!

寒いなか、お一人でテントを張ったり、お供えを飾ってくださったのかと思うと、ありがたいやら、申し訳ないやらでした。

 

ところで、読者の皆さんは、地鎮祭の経験はおありですか?

 

私は、今回が初めての地鎮祭でした。

 

設計士さん、施主代表、工務店の代表者さん、が、順番に「えい!えい!えい!」と言いながら、鋤や鎌などで土地に見立てた盛り土を崩していく、あの作業・・・

私もやりたかったです!!!

なぜ、施主は代表(夫)だけ?!

 

え〜ん、という心の声はしまって、地鎮祭後は、工務店さんと、設計事務所さんとともにご近所へご挨拶へ行きました。

休日のお昼前で、ゆっくりされていた時間だったと思いますが、お訪ねさせていただいた多くの方が、寒いなか、玄関先まで降りてお話に耳を傾けてくださって、嬉しい気持ちで終わることができました。

 

新しいスタジオは、とても静かで、理想の環境です。

 

この土地で、たくさんの方々と、音楽とともに、豊かで希望に満ちた日々を送っていきたいです。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています。ただいま、新規の生徒さんを募集中です。

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

呼吸が止まっているよ

2020年1月17日 から Naoko Mizuno | 呼吸が止まっているよ はコメントを受け付けていません。

今日は、前回の記事『速く弾けることが上手いのかしら』とも関連している記事です。

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

私たちが生きている間、絶えず、ずーっと一緒にいてくれるもの。

それは「呼吸」です。

 

呼吸は、自分が「呼吸しよう」と思わなくても、勝手に呼吸してくれて、私たちの生命を維持してくれています。

 

それほど「あって当たり前」で、同時に「なくては困るもの」です。

 

音楽も同じです。

 

レッスンで、生徒さんが指を動かすことに一生懸命になって、呼吸が浅くなっているのを見かけます。

ピアノは、管楽器や声楽と違い、わざわざ息継ぎのことを考えなくても、弾き続けることができます。

呼吸は無意識にできるものなので、ピアノを弾いていると、ブレスの位置など御構い無しに、指の動きに頼って、ただただ弾く、という悪い方向に向かうことも少なくありません。

指の素早い動きや、音が鳴っていることに安心せず、むしろ音のない行間や休符を味わえるようになりましょう。

もちろん、弾き始める前の呼吸も大切です。

 

このブログを読んだら、まずは一つ、深く息を吸い込んでみましょう。

 

肺に空気を入れる、体を呼吸で解放する、そんなひと時を味わってみてください。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

速く弾けることが上手いのかしら?

2020年1月16日 から Naoko Mizuno | 速く弾けることが上手いのかしら? はコメントを受け付けていません。

● 今日は、ついつい速く弾いてしまう方に向けてのアドヴァイスです。

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

このところ 来月全国大会がある某コンクール用のレッスンが続いています。
そのなかには、他教室の生徒さんへの
アドヴァイスレッスンもさせていただくこともあります。

星の数ほどもあるピアノ教室の中から、こうして遠方よりお越しいただいて、感激です。

 

 

そして、全国大会出場権の獲得、おめでとう!

 

コンテスタントさんたちは

  • 初参加で全国大会
  • 直前に出場を決めて、ギリギリ合格
  • 今年こそは、全国大会でも賞がほしい!
  • 去年よりもワンランク上の賞にチャレンジ

など、様々です。

 

中・高生も、期末勉強に引っかかることがないようで、比較的、練習計画が練りやすい、とのことで、よかったよかった!

 

ではここで、ちょっとアドヴァイスを。

 

直前の追い込みで、焦って速くなっていないか、自分を観察してみてね。

 

そうなってしまう原因は、心のすっごーく奥深いところに、「速く弾けることは、うまい証拠」と考えている自分が、どこかにいます。

 

でもそれは間違いですよ。

 

速くなってしまうのは、体と心の中心軸が定まっていない時ですよ。フワフワ、漂っていて、エネルギーのない演奏です。

 

速いと、指だけでペラペラと弾いちゃうんです。そしてもっともっと速くなってしまい、どんどんスカスカで、説得力のない演奏になってしまいます。

 

速くなると、今度は「良い音」「正しい音」が出せなくなるんです。

 

速いパッセージやテンポの速い曲を弾く時ほど、練習ではゆっくりと、腕と手首を使いながら、鍵盤の奥まで深く、まろやかなタッチで、自分が今出している音はどんな音か、心地よい音色で弾いているか・・・など、しっかりチェックしてくださいね。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、池袋、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しです。

 

音楽は世界共通言語。でも、その言葉に甘えてない?

2020年1月12日 から Naoko Mizuno | 音楽は世界共通言語。でも、その言葉に甘えてない? はコメントを受け付けていません。

練馬区氷川台・桜台でピアノとチェンバロ教室主宰
チェンバロ奏者・ピアニストの水野直子です。
ご来訪、ありがとうございます。

 

4月から数年ぶりに
毎週土曜日は、東大大学院の過去問を解いて、
翻訳の勉強をしていました。
 
 
音楽は、世界共通語、といわれることもありますが、
職業が音楽家となると、
それだけでは終われませんよね。
 

 
 
例えば、「フォルテ」ひとつをとっても、「音が大きい」というバカのひとつ覚えで演奏している人なんて、きっともう、今はいないでしょ?
 
 
イタリアでは「フォルテ」は、
例えば
コーヒーの味が強い時にも使うし、


心の芯が強い、っていう時にも使います。
また、ユーモアたっぷりのセンスある人にも、親しみをこめて「フォルテ」と形容します。
 
 
こうしたことは、
音楽を出発点にしてイタリア語に触れるようになった私にとって、
語学としてはもちろん、心に響いたし、
そして音楽語法としても、再考させられたことでした。
 
 

時々、
「音楽は世界共通語だから、
レッスンで語学ができなくても、
なんとなくわかるからいいの!」
 


 
 
「イタリア人には片言でも、
音楽用語で少しは通じるから、便利でいいよね」
なんていわれることもあるけど…


その考えは、プロになる人は問題だと思うの。
 

これは実際に、私も留学先で見てきたことだけど、 
レッスンで、先生の言ってることが理解できてないと、
せっかくのアドバイスも、
間違って受け取るし、
それが続くと、先生も見放してしまう。

 

でも留学していると
練習メインになって
語学が後回しになるのも事実。

 

また、会話はできていても
本は読めない、
もちろん文章も書けない、ということもあったりする。
 
 
私は自分のそんなところに危機感を感じて、
帰国後にもう一度、勉強を始めたのですが

そうしたら
外国語を勉強しているはずなのに、
翻訳するにつれ、
今度は自分の母語の語彙の低さ、
文章の稚拙さに、恥ずかしさを覚えはじめました。
 

ご存知のかたもいらっしゃるので、もう、こちらでも暴露しますが、
実は私は4年前に
東大大学院を受験して、
学科はオールAで通過し、

 
残るは最後の面接、という段階で
落とされてしまった、という経験を持つ、ちょっと残念な子です(汗)


 
 
まぁ、
今思うと、あのまま本当に
東大に行っていたら、
結婚もしていなかっただろうし、
演奏したくて始めた勉強なのに
その演奏はそっちのけで、
きっと図書館に通いづめだったろうし、

その上、
演奏できないことに
フラストレーションを抱えて
500円ハゲをいくつも作ってたと思います(ハゲは、実話)。

  証拠として小さく載せちゃう
 

さて。

 

今年の英語は残りあと二回。
今期も、結構楽しく実りある勉強ができました。
 
 
内容は、音楽と全く関係のないものばかりを解いていましたが、
英語を通して、社会情勢や、思想、他分野の学問などを知ることができて、面白かったなぁ。
 
 
これって、自分の教室理念である
「生徒たちに、ピアノをメディウムにして、他の分野と接点をもてるように」
というコンセプトと合致しますね。
 
そして
今年も自分の引き出しを
もっと増やしていきたいな、と思っています!
 
 

今年は48歳。体力あるうちに、ロマン派でやり残した曲も弾きたいですね。人生、あっという間。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。