練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区氷川台・氷川神社近く「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」の様子を配信しています。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区・豊島区・和光市や志木から、またピアノ講師のバロック指導・セミナーを開催しています。

直前の練習でナーバスになってしまったら

2017年6月22日 から Naoko Mizuno | 直前の練習でナーバスになってしまったら はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

今日は日曜日の発表会の準備で午前中からお出かけしていました。

会場で打ち合わせをしたり、
お花の用意をしたり。

バタバタとあちこち動いて、
午後からは、レッスンが始まるまで
お気に入りのコーヒー屋さんで一息。

少し休んで、
28日のセミナーの原稿の仕上げをしました。
http://www.piano.or.jp/seminar/list/s_info/2014993

(レジュメは20ページ超えます。今回お越しになるピアノの先生はかなりお得ですよ)

そのあとは小学校高学年生さんたちのレッスンでした。

少しナーバスになっていた生徒さんもいましたが、
こういう時に、先生や親御さんも
同じようにナーバスになってはいけませんね。

「ちょっとぉ〜、もう3日後よ〜」という言葉はNGです。
子どもさんも、それはよーくわかっていますので、
大人の心の声はぐっと我慢して、

間違ったり、ど忘れしたりする音をマークして、
「ここ、覚えなおそうね」というだけで十分です。

覚えなおす場所(間違った場所)がいくつあるかを数えて、
数を知ると、もやもやした漠然とした不安感がなくなります。

「ここと、ここでいいんだ」と、
注意する場所が明確になると、
漠然とした不安から解放されて
先が見え、安心します。

こうしたことを伝える時の動作も重要です。
動作はいつもよりゆっくり行うと、
子どもさんは安心します(^^)

あと2日間の練習、楽しんでくださいね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

卒業生くんの活躍

2017年6月21日 から Naoko Mizuno | 卒業生くんの活躍 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

今日は先週ご紹介した記事
教室のお母様たちから好評だった
卒業生シリーズ、第2弾です。

みなさん、覚えておいででしょうか。

教室にと〜〜ってもイケメンで、
背が高く、頭が良い、
神は二物を与えないって嘘だよね、な、あの男の子のことを・・・!

前のHPでも、ブログで顔出しOKをいただいていたので、
その時の記事をご覧ください。

『桜咲く』
http://tastiera.sblo.jp/article/92783055.html

そうです、太雅くんです。

太雅くん、さらにかっこよくなっています!!!!!
https://www.hs-basketpress.com/index.php/151/vol3-2

http://basket-count.com/article/detail/1971
http://basket-count.com/article/detail/1972
http://basket-count.com/article/detail/1973
http://basket-count.com/article/detail/1975

渋渋に通っていた中3まで、
教室に来てくれていた太雅くんは、
今や世界へ羽ばたいて行きましたー!!!

レッスンの最後にお母様と
「大好きなピアノを続けられて幸せでした」とご挨拶してくださり、ウルウル・・ときたのを覚えています。

強くて優しい太雅くんのますますのご活躍を祈念しています。

彼は、足を折っても杖をついて来てくれたり
バスケで忙しくて練習できなくても
レッスンの時だけでも弾きたい、と
月に2回だったり1回だったり、
学校とバスケットのスケジュールを調整しながら3年間通ってくれていました。

レッスンでは
レッスン室の扉を屈んで入り

ショパンのポロネーズ、
月光ソナタ、
トルコ行進曲など
名曲の数々を
大きな手で弾いていたのを今でも思い出します(^^)

私は最近、
これからの人生、どうしようかな、
どうしていきたいのかな、って考えることがあります。

でも
未来は「今」の積み重ねだから
一つずつの課題を丁寧に乗り越えて、
そしてある日振り返った時に結果がわかるのでしょうね。

だから、こうして教室の卒業生たちが活躍している様子を知ると、
あ〜〜、ピアノの先生って幸せな職業なんだなぁ、
ピアノの先生にさせてもらってありがたいなぁ、と純粋に思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

怪我や風邪に気をつけようね。

2017年6月20日 から Naoko Mizuno | 怪我や風邪に気をつけようね。 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

今朝は銀座で集まりがありました。

帰りに「かぐや姫」という名の芍薬と
香りのオールドローズ「イヴ・ピアジェ」を買いました。

そのあとは
生徒さんのレッスンが待っていたので、
急いで向かいました。

今日のレッスンは
低学年の子どもさんばかり。

今週は発表会前の最後のレッスンです。

今年は受験で発表会に出ない方もいらっしゃるので
人数は少なめですが

骨折したり
ピーラーで爪が削れたり
転んで青タン作ったり…

先生の心配は例年どおり、尽きません。

レッスンのさよならに、
「怪我しないでね」
「風邪ひかないでね」

一言添えて送り出しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

おかあさんと連弾

2017年6月17日 から Naoko Mizuno | おかあさんと連弾 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

発表会に向けて、
大好きなお母さんと連弾の練習をしています。

お母さんとの連弾は、やっぱり特別なのですね。

レッスンもとっても嬉しそうです。

可愛い動画、
どうぞごらんください。

初めてのピアノの発表会、
一緒に素敵な思い出にしましょうね♡

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

体験レッスンの流れはこちらを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

暗譜でひやひや

2017年6月16日 から Naoko Mizuno | 暗譜でひやひや はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

発表会に出演の皆さんは暗譜を頑張っています。

でも先週は、いつもできる暗譜が今日に限ってできない・・・

なぜだーーー!!(生徒さんの心の声)

となる事件が続いております。

これは本番前によくあるレッスンの出来事です(^^)

でも、これが本番前にあることが大事。

気が引き締まるからね。

先日の生徒ちゃん、このスランプに陥り、頭がパニック、涙がポタポタ。

「今週、先生の言われたとおりに練習してきたら、来週は大丈夫よ!」と励まして背中を押して帰しました。

念のため、その日のレッスンの様子は、
お母さまにお手紙でお知らせしておきました。

次の日、お母さまからメッセージで
「朝6時に目覚ましをセットして練習すると言っています」とお返事をいただきました。

もともと、とってもよく弾けるお子さんです。
高速やる気スイッチが入りましたね。もう怖いもの無し。

来週のレッスン、楽しみにしていますよ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

体験レッスンの流れはこちらを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

卒業生くんと会って、幸せについて考えてみる。

2017年6月15日 から Naoko Mizuno | 卒業生くんと会って、幸せについて考えてみる。 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

先日、教室の卒業生Sくんから
「先生、久しぶりにお会いしたいです〜」とメールがあり、
レッスンが終わってから
スタジオ近くで夕食を共にしました。

私がピアノの先生として活動をしたのは
1977年、マスターを修了してから。

今の氷川台にスタジオを構えたのは
1999年の4月からです。

Sくんは氷川台スタジオの第1期生。
妹さんと一緒に、
留学する2002年まで勉強しました。

13歳だったSくんも、もう立派な社会人です。

Sくんは私がイタリアへ行ってからもメールをくれたりして、本当に可愛い生徒でした。

とても勉強熱心な子で、
大学卒業後は大学院へ進み、
大学院修了後は
もう一つ他の大学に3年次編入し立派に卒業、
その後は高校の英語教師になるも
夢を叶えるためシドニーへ留学、去年帰国し、
今年から、東京大学や早慶へ進学する学生を輩出する進学校の英語教師となりました。

話を聞くと、とても充実している様子で、安心しました(^^)

近況報告から、
教育についての深い話題まで、3時間ほどお話ししました。

そして最後は
「子ども(私たちにとっては生徒)のありのままを認めて、子どもの幸せを願おう」という話に落ち着きました。

ちょっとここから、私、語りたいです。

長くなるので、お時間あるときにお読みください。

子どもさんが自分が理想とする練習をしていない時、
「自分から習いたいって言ったのに、なんで練習しないの」とか
「何週間も弾いているのに、まだ合格しないの」
って、ついつい思ったり、
言ったりして、
子どもさんを叱ったりすることないですか。

ドキってしました?

それね、
気持ちはわからなくもないです。

親としては「こうなってほしい」という願望や期待を子どもさんにかけちゃいますよね。

でもね、
学校でもない
「ピアノ教室」という空間に来ること自体がすごいことなんですよ〜〜。

1対1で、プロのお宅に行って、一人で習うわけです。

私の教室のレッスン時間は、1週間/30分or45分、
1ヶ月/1時間半or2時間程度のレッスンですが
この「レッスン」環境って、学校でも家庭でも絶対にない特別なものなんですよね。

だからね、
ピアノを習うこと自体、もうね、本当にすごいことなのです。

その中で、将来ピアノでご飯を食べる人って、
それはそれは、抜群の才能がないとなれません・・・

じゃあ、
「ピアニストにならないのにどうしてピアノを習うのか?」と思いませんか?

でもピアノをならうきっかけは
「音楽が好きだから」という気持ちできていると思うんですね。

しかし悲しいかな、ピアノってそんなに簡単に弾けるものではないんです。

ピアニストになるためには、
小学生でも最低1日2、3時間、
音大受験なんてなると、8時間とか弾くんですよね。

私なぞでも、コンサート前になると
まあ、仕事以外で、10時間くらい弾いたり、勉強したりしています。
弾いていなくても、ご飯やお風呂の中で、ず〜〜っと音楽のこと考えているので、
起きている間中、音楽の世界にいる、と言ってもいいと思います。

私にもっと才能があれば、
楽にできるのでしょうが
残念ながらそんな才能はちっともないので、とにかく人よりも練習して勉強するしかないのです。

でもこういうのって、たぶん、普通はできないし、そこまではやらないと思います。
私には才能はないけれど「続ける」という忍耐は神様にいただいたかもしれません。

ではじゃあ、プロにならない人たちはピアノで何を学ぶのでしょうか?

私はこう考えます。

ピアノを習うことで
学校では教わらない教養・文化が身につきます。
いつもと違う環境に身を置いても、自分を律する力が備えられるようになります。
そして、続けてさえいれば、必ず成果がでることをピアノを通じて勉強するのです。

でもやっぱり、
子どもというのは、刺激が強い方へ、新しい情報へと気持ちが傾いて
ピアノを練習しないときもあるのです。

まじめなお母さんは、真面目すぎるがゆえに
選択肢が0か100か、となって
「そんなに練習しないなら、ピアノやめなさい!」ってついつい言ってしまいがちですが、
そこをぐっとこらえて、
「今日、〇〇のピアノ聞いてないから、聞かせて」とか
「ここ、難しそうだから、お母さんも一緒に楽譜みるよ」とか、
そういう形で、
お子さんとピアノを楽しんでほしいです。

続ける力が生きる力を生むんですね。

そしてね、
ほそぼそ〜〜〜と、高校生まで続けていたらね、

それも、家での練習はほとんどしなくて、
レッスン時間だけピアノを触るだけでもね、

巷で流れるBGMが「こんな感じだよね」ってなんとなく耳コピでも弾けるようになってるんです。

そうなったら、
子どもさんの人生の中に、10年後も20年後も、もうずっと音楽が身について、心が満たされるんです。

小学生でピアノをやめたら、それまで弾けていたものは、もう戻ってこないと考えてもいいくらいです。

そう思うと、
お母さんの判断でピアノを辞めさせる責任、って大きくないですか?

でもこれは私自身にも言えることです。
生徒さんの幸せのために、何ができるかなぁ〜、と、
長い目で見たときに役に立つレッスンを提供したいです。

そのために、まずは、自分自身がぶれないで、そして常に平常心でいること、でしょうか。

日々精進ですなぁぁぁ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

体験レッスンの流れはこちらを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

今日から発表会のお知らせプリントを配布しています。

2017年6月13日 から Naoko Mizuno | 今日から発表会のお知らせプリントを配布しています。 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

今日から25日の発表会のお知らせプリントを配布しています。

会場の住所、
集合時間に加えて

服装やマナーについて書いています。

保護者の皆さま、ご確認よろしくお願い致します(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

体験レッスンの流れはこちらを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

6月6日は楽器の日  

2017年6月12日 から Naoko Mizuno | 6月6日は楽器の日   はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

6月には「楽器の日」と制定された日があります。

6月6日です。

ひとつは「芸事の稽古のはじめは、数え6歳の6月6日にはじめとする」
という古くからのならわしに由来し
この日から芸事をはじめると上達が早いと言われるためです。

もうひとつには
数を指で折って数えると
6の数字の時に小指が立つかたちになり、
「子が立つ」=縁起が良いから、ともいわれています。

こうした流れで6月6日は「楽器の日」として
1970年(昭和45年)に制定されました。

教室にも、よく「何歳からピアノをはじめたらいいですか?」と質問が寄せられます。

私個人としては、5歳前後がいいかな、と思います。

その理由はまた、折を見てお話ししますね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

体験レッスンの流れはこちらを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

体験レッスンの流れ

2017年6月12日 から Naoko Mizuno | 体験レッスンの流れ はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

当教室はただいま新規生徒さんを募集中です。
はじめてピアノに触れる小さなお子さま、大歓迎です。
もちろん、他教室から移動される生徒さんも、お気軽にお問い合わせください。

講師歴20年のノウハウで、
しらずしらずのうちに、ぐいぐいと伸ばしていきます。

安心してお問い合わせください。

体験レッスンのご予約を承っています。
お気軽にご相談ください。

体験レッスンの流れ

  1. メールフォームでお問い合わせください。その際、お子様のお名前や保護者のお名前、レッスン希望の日時などをお書きくださるとスムーズです。体験レッスン可能日がレッスン日となります。
  2. 講師より返信 (無料カウンセリングの予約日時の確認・教室の電話番号などをお知らせします)
  3. ご家族から教室へお電話をお願いいたします(カウンセリングは約30分です。余裕を持ってお問い合わせください)
  4. カウンセリング後、体験レッスンを予約
  5. 体験レッスンは30分 3,000円です。体験レッスン後即日入会の場合は、入会金5,000円から体験レッスン3,000円を差し引きます(その際、入会金は2,000円となります。

 

体験レッスン時の持ち物

  • ピアノがはじめてな小さなお子さまは、鉛筆、消しゴム、色鉛筆(赤、黄、緑)をご用意ください。その他のものは教室でご用意します。
  • ピアノ経験者のかたは、レッスンで弾きたい曲をご用意ください。
  • 他教室から移られる方は、最後に勉強した楽譜をお持ちください。

音を鳴らす」から「美しい音を奏でる」ことにこだわったレッスンを体感してください。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

久保田チェンバロ工房 見学会

2017年6月11日 から Naoko Mizuno | 久保田チェンバロ工房 見学会 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ。 
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

6月2日、久保田チェンバロ工房さんにご協力いただき
教室でバロックセミナーを受講されたピアノの先生方と、
古楽器の見学会を行いました。

1440年ごろ、アンリ・アルノーによって書かれた古文書、
通称「アルノー手稿」の中に記述されている
チェンバロとみられる設計図をたよりに
久保田さんが設計をした二台の楽器(撥弦と打弦)の仕組みから、
その後の17世紀から大活躍したチェンバロについての詳しい説明を、
さらにチェンバロからクリストーフォリのピアノへと発展する段階について、
実際のメカニズムを詳しく説明していただきながら、
250年間に作られてきた
さまざまな鍵盤楽器を試弾させていただきました。


(クリストーフォリのピアノの内部を観察)


(クリストーフォリのアクション模型を使って、チェンバロとの違いをじっくり観察)

非常に贅沢な2時間となりました。

ご参加された先生のブログです。
安藤美喜先生
http://ameblo.jp/withpia0728/entry-12280245014.html

中村香奈子先生
http://ameblo.jp/abc-kidsworld/entry-12280370569.html

関本晴美先生
http://ameblo.jp/sekimoto-music/entry-12280303715.html
http://ameblo.jp/sekimoto-music/entry-12280546128.html

先生方が楽しそうに
古楽器を触れているらっしゃる姿がとても印象的でした。

ドキドキ、ワクワクな気持ちが伝わってきました。

チェンバロに触れると
ピアノとは違うバロックの表情が垣間見れ、
バロック音楽がもっと楽しくなるみたいです。

古楽器の普及に力をいれている私にとって嬉しい瞬間です(^^)

先生方のレッスンに
今回の経験が生かされますように、
どうぞ、ますますのご活躍をお祈りしています!


(みずきちゃんはアルノーの、私はチェンバロのジャックの巨大模型)

久保田チェンバロ工房さんへの見学を希望されるピアノの先生は、
お問い合わせフォームに「久保田チェンバロ工房見学希望」と書いてお問い合わせください。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノの先生向けセミナーのお知らせ】
ピティナ全国セミナー登録セミナー
『バロック音楽の装飾音に親しもう』は満席となりましたが、
2名様のみ追加受付可能になりましたので、お知らせいたします。
ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。
ピティナのサイト↓
http://www.piano.or.jp/seminar/list/s_info/2014993
お問い合わせの担当は増田明美先生です。
massy_piano@yahoo.co.jp