練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区氷川台・氷川神社近く「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」の様子を配信しています。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区・豊島区・和光市や志木から、またピアノ講師のバロック指導・セミナーを開催しています。

いつもありがとう

2017年10月16日 から Naoko Mizuno | いつもありがとう はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

講師演奏会 10/21 『花咲く庭園』 東京オペラシティ 近江楽堂
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

 

先週から雨が続く東京です。

レッスン生さんも、

送り迎えをされるお母さん、おばあちゃまも

今日も雨のなかの移動、大変だったと思います。

お疲れ様でした!

そして雨で濡れるから、と、

換えの靴下を持ってきてくださったり、

ちょっと風邪気味だから、とマスクを用意してくださったり、

小さいうちからマナーに気をつけてくれる

教室の生徒ちゃんたち、いつもありがとう(^^)

21日に私の演奏会があるので、

教室は明日からお休みさせていただきますが、

来週、元気なみんなに会えるのを楽しみにしています。

先生も、頑張ってきます!

ご都合つかれたら、

皆さんも是非お越しくださいね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノ体験レッスン受付中】

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

教室はバロック・古典に力を入れています。

ピアノ歴7ヶ月の女の子。

懐かしのあの名曲も!

ピアノはお作法も大切です。

直子先生ってどんな人?
時代によってピアノ、チェンバロ、フォルテピアノを弾きわけちゃいます。

去年起こった大惨事 2

2017年10月6日 から Naoko Mizuno | 去年起こった大惨事 2 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

講師演奏会 10/21 『花咲く庭園』 東京オペラシティ 近江楽堂
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

 

「去年起こった大惨事 1」の続きです。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/982/

フォルテピアノに、次々と穴が空いて、

夜も眠れず、

ご飯も食べれず過ごすこと数日。。。

自分の知っている楽器製作家の方全員に

助けを求めて、

みなさんそれぞれが、

いろいろなところへ相談してくださっていましたが、

自分でも

害虫駆除を専門とするところへ・・・

それこそ全国へ電話をしていました。

でも、

「楽器」を扱ったことがないから

「わからない」

または

「楽器ごと駆除することになるとは思うが、

駆除するには

人が死ぬくらいの毒を入れた箱で駆除をするので

そのあとの責任は持てない」

などと、言われて

それはそれは途方に暮れていました。

======

そんな時、

フォルテピアノをイタリアから空輸した際

お世話になった

日本の楽器製作家から朗報が入りました。

 

その方は、関東の音楽大学の楽器博物館でも

メンテナンスを担当されていらっしゃって、

そこへ防虫除去に出入りをしている業者さんに

直接相談をしてくださったのでした。

 

その楽器博物館では

虫食い穴が開いたまま引き取られる楽器もあって

そうした楽器は

展示前に、

駆除をするそうです。

 

小さな楽器、

例えば木管楽器などは、

専用の袋に入れて、

防虫駆除を博物館内で、

行っているそうです。

 

この連絡を受けて、

私は藁をもすがる思いで、

その業者さんに連絡を取ります。

 

無事に業者さんと連絡が取れ、

担当の方とお話ししたときに初めて言われた言葉が

「本当に心配だったでしょう」

というものでした。

泣いちゃいました。

 

 

木に穴を開ける忌々しい虫は

キクイムシ

といい、

木の中で生活をしていて、

交尾をするときに

木に穴を開けて出てくるそうです。

 

このキクイムシを駆除するために使う薬剤は

一酸化炭素で十分なのだそうです。

 

そして今回は

運搬しなくていいように、

特別に

フォルテピアノのサイズの袋を作ってくださり、

 

「二週間で、卵から成虫まで完全に死滅させる!!」

 

と宣言してくださいました。

 

それが去年の今頃のことです。

 

その時の様子を写真で振り返ります。

 

ムシが完全に死滅したのかを確認するため、

まず、瓶に入れられた生体の楽器の各所に置きます。

フォルテピアノを専用の袋で囲います。

一酸化炭素を注入し、濃度を測っています。

2週間放置

1年経って、

虫が湧かなかったので、

これで本当に死滅した、という実感を

今、感じています。

 

業者さんは

日本液炭 さん
http://www.n-eco.co.jp

文化財保存の技術で救われました。
http://www.n-eco.co.jp/company/business/next/index.html

 

私に起こった、

このいまいましいキクイムシ被害・・・

先生方には

絶対に起こってほしくないのですが

でも、もしも起こった時は、

私の経験が参考になれば・・・と思います。

今日も、長い文章をお読みくださり、ありがとうございました。

去年の今頃、

教室の生徒さんにはお休みをいただいたり

出張レッスンをさせていただいていました。

その時の様子のブログです。

ピアノメンテナンス中

本日で出張レッスンが終わりました。

この頃、笑顔でいることが大変だったのですが、

生徒さんたちが向けてくれる

純粋な笑顔や、

「先生、おうちに来てくれておりがとう〜!」と

歓迎してくれるみんなのおかげで

慰められました。

いつも、いつも、ありがとう!

みんな、大好きだよ!!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノ体験レッスン受付中】

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

◇練馬区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj
バロックの指導に役立つエッセイを発信しています。

去年起こった大惨事 1

2017年10月6日 から Naoko Mizuno | 去年起こった大惨事 1 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

講師演奏会 10/21 『花咲く庭園』 東京オペラシティ 近江楽堂
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

 

今日は、先月メルマガで発行した記事を

写真入りでこちらでご紹介します。

ピアノの先生にとっては重い記事になります。

その上で読まれてください。

本文

今日は、私の悪夢の出来事をお話しさせてください。

私と同じ悪夢が

先生方に、

もし万が一起こってしまった場合・・・

・・・本当は起こってはいけないことですが・・・

同じように悩んでほしくないので

書きたいと思います。

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+

私のスタジオにはピアノの他に

クラヴィコード、
チェンバロ、
フォルテピアノが

一台ずつあります。

狭いスタジオに入りきれない楽器は、

まだイタリアに

残したままになっているものもあります。

大切な、大切な

自分の分身とも言える楽器たちです。

その楽器の1台に、去年

予想もしていなかった事件が起こりました。

スタジオに置いているフォルテピアノに

虫がわき、

キリで穴を開けたような穴ぼこが、

次から次へと空いてしまったのです。

その被害はというと

ピアノの足とピアノの本体を接合している部分の被害が一番多く、

その次にペダル、

そして鍵盤へと広がっていきました。

このフォルテピアノはイタリアで作ったもので

2013年の2月に日本に空輸で搬入しました。

モデルは1814年ごろの

ヨハン・フリッツというモデルで、

世界にも数台しかありません。

お金を一生懸命工面して、

ようやく注文し、

注文後、5年を待って出来上がった楽器です。

そんな大切な楽器に

次の年の夏ごろ、

つまり2014年の夏ごろ、

正面に

小さな穴が空いているのに気がつきます。

その頃の私は

論文を書いたり、

試験の準備が忙しくて、

ピアノを弾く時間がほとんどありませんでした。

どこに行くにも

何をするにも

本と一緒です。

歩きながら単語を覚える、二宮金次郎さん状態。

化粧なんかする暇はないし、

学校へ行く時は

風邪やインフルエンザの対策に

マスクと帽子とリュックで移動をしていました。

神経が音楽へ全く動いていない状態でしたから

穴を見ても

なんとな〜くいやな予感はしつつも

「もともと空いていたのよ」

と無理に自分に思い込ませて、

毎日せっせと、本を読んでは文章を書いていました。

でも、これがいけなかった。

2015年の春、

1つだった穴が、

4つほど増えました。

そこで「おかしいよね、やっぱり!!!」と思い、

チェンバロやヴァイオリン製作家のお友達に電話をしました。

どの製作家も、

「虫だと思う」

というのですが、

「聞いたことがないけど、古いピアノは穴だらけだよ」

「虫が開けた穴の開いた木をわざと使って、楽器を作る人もいるから大丈夫よ」

と言う答えが返ってきました。

ピアノ防虫剤もご紹介くださいました。

でも、どれも

「これ以上被害が広がったら、どうしよう!!」
「響板に穴が空いたら、この楽器はもう終わりだ!!」

という気持ちと擦りあいません。

そしてバイオリン製作家は

「これがヴァイオリンで起こったら、破棄するしかない」

と絶望的なことを言います。

でも

「鍵盤楽器の事は、わからないから、とりあえず、虫のスプレー買ってみて」

と言われたので

薬局で、ゴキジェット的なものを買って、

プシューとかけてみました。

その後は、

全く被害がなかったので、

これでおさまったのかな、

という気持ちで過ごしましたが・・・

しかし2016年の夏。。。

これまでの予想をはるかに超えた

穴が一夜にして開き、

そしてあろうことか

虫の死骸が転がっている!!!!!!!!!

写真の虫の死骸が、一晩で何匹も転がっているんです。

ここから、

もうごまかせない、

そして

命が縮む思いが始まります。

でも、解決はしましたので、
ご安心ください。

長くなったので、
解決するまでの道のりは、
次回書きます。

先生方の楽器には、

絶対に起こってほしくない事件です。

バロックのこととは関係ありませんが、

やっとお話できる気持ちになりましたので、

書かせていただきたいと思います。

そして

是非、最後まで読んでいただきたいです。

続きます。

◇練馬区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj
バロックの指導に役立つエッセイを発信しています。

ピアノの先生の駆け込み寺として

2017年10月2日 から Naoko Mizuno | ピアノの先生の駆け込み寺として はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

講師演奏会 10/21 『花咲く庭園』 東京オペラシティ 近江楽堂
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

 

10月になりました。

雨が降るごとに、涼しくなっていきますね。

東京は夜から雨が降り始めて、

しとしとと、雨の降る音が心地よいです。

 

 

今日は、今まであまり書いていない、

ピアノの先生用の記事を書きたいと思います。

 

 

実は

今年の8月、9月はピアノの先生方の

駆け込み寺と化した教室でした。

 

理由としてはおそらく

先生方の教室が夏休みで、

自分の演奏をゆっくりと見つめ直す時間を持てたことや、

秋から年末にかけて

コンサートや発表会の練習をしなければならなかったためかな、と思います。

 

「チェンバロの経験はほとんどないけど

オーケストラでチェンバロを使って

通奏低音しなくちゃいけないので、

特訓してください!!」

というお問い合わせも幾つかありました。

こういうやる気のある先生、大好きです!

 

実はオケ譜に

「チェンバロ用」としてピアニスト用に編集されたものを

そのままチェンバロで弾くと

白目になるほどドえらいことになるので、

本番までの時間と

ご本人の実力を計りながら

短い時間で、ギュッと作り変えました。

「ええっ、そんなに素敵になるのですかー!」と

涙を流す先生もいらっしゃったので

できるだけのことはさせていただけたかなと思います(^^)

 

 

その他にも、

教室運営のこと・・・でSOSがありました。

それも1件、2件、という数ではなく。

先生方、本当に頑張っているなぁ、という思いが広がります。

 

 

共通したお悩みを幾つかご紹介。

生徒さんが「練習をしない」ことが悩みであれば

今弾いている本が合わないかもしれません。

 

「練習時間が少ない」のが悩みであれば

それは「先生にとって」練習時間が少ないだけで

生徒さんにとってはその練習時間が十分で、すでに幸せなのかもしれません。

 

その上でもっと練習をしたら「のびる」のに、

と思われたら

練習の仕方を教えてあげると良いと思います。

私も小さな頃、練習の仕方がわからなかった生徒でした。

 

例えば、

「ここは難しくて、レッスンでも間違えやすいから、1日10回弾こう」

その時に、手の角度や、指の動かし方、

2音ずつ弾けたら、3音ずつ、次に4音、

最後に1小節続けて・・・

など具体的な練習の仕方をお伝えしてみてはいかがでしょうか。

 

 

(子供の頃の私のように)練習の仕方を知らないと、

チャチャチャ、と弾いて、ハイ、終わり、になりがちです。

 

あとは、先生が「分からせよう」と最初から最後まで話をしてしまうのも、

子どもさんの考える力を奪うことになりかねません。

 

「ここ間違ってるよ」と最初から教えずに

どこを間違えたか答えてもらう、

次は、

「じゃあ、どうしたら弾けるようになると思う?」と考えさせてみる、というのも有効です。

 

ピアノを教える、ということは

生徒さんを自分から好き」になること、

愛する」ことからすべてがはじまる、と思っています。

そして「生徒さんの幸せ」を願い、

独りよがりのレッスンにならないように

私も心がけたいと思います。

でも、ここでいう「生徒さんの幸せ」とは

「ピアノが弾けることだけが幸せ」ではないと思っています。

生徒さんの幸せはそれぞれです。

その幸せを一緒に共有できると最高ですね。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノ体験レッスン受付中】

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

教室はバロック・古典に力を入れています。

ピアノ歴7ヶ月の女の子。

懐かしのあの名曲も!

ピアノはお作法も大切です。

直子先生ってどんな人?
時代によってピアノ、チェンバロ、フォルテピアノを弾きわけちゃいます。

 

 

坐骨を立てて座る

2017年9月28日 から Naoko Mizuno | 坐骨を立てて座る はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

講師演奏会 10/21 『花咲く庭園』 東京オペラシティ 近江楽堂
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

習字、水泳、ダンス、体操、剣道、空手、茶道、華道・・・

どの分野にも「型」がありますね。

もちろんピアノにもあります。

その「型」から外れると、

どの分野も、うまくなりません。

 

 

先日、テレビで

「水泳のタイムが伸びない選手候補の子どもたちに、

一流のコーチをつけて、

1週間でどれだけタイムが伸びるか検証しよう」

という趣旨の番組がありました。

その子たちがまずはじめに直されたのが

フォームでした。

 

 

 

これはピアノにも言えることです。

 

 

 

ではピアノの正しいフォームはどのようなものでしょう?

いろいろとありますが

今日は、その中でも一番最初に気をつけたい、姿勢についてお話しします。

 

 

ピアノを弾くときは

坐骨を立てて座りましょう。

 

 

これはピアノを弾く際の第一段階です。

ここがグラグラしていると、手の形が定まらず、

指もグニャグニャします。

 

坐骨が立てば、

背骨も立って、体が安定し、腕の動きが楽になり、

指捌きが快活になります。

 

体を支える足は

かかとと足先をつけて

床を踏み込むようしっかりと座ります。

足が届かなければ、

足台を使ってください。

座った状態で腹筋を感じましょう。

レッスンで姿勢を矯正しても

お家で練習をしている時に

姿勢が崩れていると、台無し・・・力も出しきれません。

 

また、弾いていくうちに

足がつま先立ちになったり、

椅子の足を、自分の足に絡ませてしまったり、という

生活の癖が出てくることもあります。

 

生活の癖で、

一番見た目が「Auch!」なのは、足を絡ませること。

 

どの足癖も、重心が定まらず、良い音が鳴りません。

水泳で言うところの、

クロールのつもりで犬泳ぎ・・・

 

お家で、そんな足癖を見つけた時は、

声がけしてあげてくださいね。

 

教室の生徒さんは
「音を鳴らす」から「美しく弾く」ことを目指して、勉強をしています。
私の思いは、こちら↓からご覧いただけます。
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノ体験レッスン受付中】

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。

子どもさんのレッスンで、現在ご用意できる日程です。

水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 15時半、16時、17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

 

※体験レッスンは、運動会が終わってからの方がいいかもしれませんね。

ピアノを始める時期については、こちらの記事をご参考ください。

 

教室紹介動画

ピアノ歴3ヶ月の年中さん。情感たっぷりです。

教室はバロック・古典に力を入れています。

兄弟の連弾も楽しいですね。

◇練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ いいね!くださると嬉しいです。
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj

10/21 『花咲く庭園』 コンサートのご案内

2017年9月21日 から Naoko Mizuno | 10/21 『花咲く庭園』 コンサートのご案内 はコメントを受け付けていません。

今日は奏者としての投稿です。

水野直子公式ページ
http://naokomizuno.com

10月21日(土)東京オペラシティ 近江楽堂で演奏会を開催します。

共演していただくのは
ソプラノの高橋薫子さんです。
https://nobukosop.wordpress.com
本当、すごい方なのです!

(そしてチャーミング〜〜)

今、どんな通奏低音にするか
毎日考えながら過ごしています。

幸せなことです。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。
http://naokomizuno.com/2017/08/16-2/

プログラムなどの詳細を掲載しています。

プログラムのコンセプトは、
薫子さんのイメージで考えました。

毎回大好評のチラシ案ですが、
今回は絵画をそのまま使っています。

これもまた、
「素敵!」や「センスいい!」など
同業の方からもコメントをいただいちゃったりして
嬉しいです。

最近はよく、
「どこで写真を撮ってるの?」
「チラシはどうやって作ってるの?」
と聞かれます。

ちょっと自慢ですが
(おい!←と自分に突っ込み)
コンセプト案は私が考えて
すっごく素敵な写真家さんと二人で練っています。

是非、お越しください!

チケットのお問い合わせは
松木アートオフィス 03-5353-6937
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999

私の教室のお問い合わせフォームからでも大丈夫です。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/contact/

実は、私は生徒さんの発表会では演奏をしません。

私の演奏を聴きたい、と思う生徒さんや保護者の方もいらっしゃるのは重々承知しています。

でも、私は自分の演奏は、演奏会のみで弾く、ということにこだわっています。

そしてそれができることが演奏のプロだと思うからです。

ピアノの先生としての姿ではなく、
演奏家としての姿を是非見に来てくださいね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

子ども用教室紹介動画

運動会の練習期間は、いつもより「ゆったり」構えよう。

2017年9月20日 から Naoko Mizuno | 運動会の練習期間は、いつもより「ゆったり」構えよう。 はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

今週は台風一過から始まりました。

朝夕はだいぶん過ごしやすくなりましたが
日中はまだまだ暑いですね。

運動会の練習のある生徒さんたちは
少しお疲れぎみかな。

練習も暑いだろうなぁ・・・

この時期、
特に幼稚園生さんは要注意。

なぜなら、
幼稚園生さんは
まだ体が小さいので、

運動会の練習期間は
大人が思う以上に
と〜〜〜っても疲れています。

過去には、
疲れて、眠くて、
レッスン中にぐずってしまう子どもさんもいました。

講師になりたてだった頃、
その理由がわからなくて
オロオロした経験もありましたが、

今は、私も
この時期の、子どもさんの「いつもと違う」サインが
運動会からくる疲れ、と分かっているので
大丈夫。

そしてそういう時の私のレッスンは、
サラッとしています。

いつもなら
「もう一回、聞かせて」というところも

「また来週聞かせてね」と言って
サッ、と次へ進みます。

お家の練習も、
いつもより時間が短くなっても、
それはそれで大丈夫です。

運動会が終われば、また元に戻りますからね。

ところで、当教室の5年生と6年生から
リレーの選手が2人選ばれています。

ピアノも弾けて、スポーツもできて・・・ってかっこいい!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

当教室は、5歳から(目安として)ピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

※体験レッスンは、運動会が終わってからの方がいいかもしれませんね。

ピアノを始める時期については、こちらの記事をご参考ください。

調律をしました

2017年9月17日 から Naoko Mizuno | 調律をしました はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

先週、ピアノの調律をしました。

調律をお願いしている和田明子さんは
軽井沢にお住まいです。

和田さんが東京にお越しになる時に
お願いしています。

今回は、ちょうどご連絡を差し上げた時に
東京にいらっしゃったので
すぐにお願いが叶いました。

春頃、印鑑がピアノのなかに落ちてしまったので、
まずは鍵盤を引き出しました。

印鑑は無事に発見。

その後は内部の埃も掃除機で吸って
綺麗にしました。

ピアノアクションもチェック。

ピアノは、
弦をフェルトで作ったハンマーを叩いて
鳴らす楽器です。

ピアノも消耗品ですから
年月が経てば
メンテナンスが必要です。

私の楽器は、大学入学と同時に両親が買ってくれたもので、
もうかれこれ26年、一緒にいます。

でもハンマーは大分すり減ってきたので、
来年は、修理に出したいと思います。

和田さんに、
信頼のおけるピアノ工房をご紹介していただき
心の準備も万端です。

ピアノは442Hzで調律しました。

24時間空調管理をバッチリ行っているので、
たいした狂いもなく、
すごくいい状態でキープされてる、と褒められました(^^)

音楽家にとって、楽器は自分の分身です。

これからも大切にしていきます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【ピアノ体験レッスン受付中】

当教室は、5歳からピアノ指導者までの指導をしています。

ピアノ指導者の方は、
月一回から、個々にスケジュールを決めていきます。

子どもさんはのレッスンは、月〜金の時間を固定して行います。
現在ご用意できる日程です。

月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

直子先生ってどんな人?
時代によってピアノ、チェンバロ、フォルテピアノを弾きわけちゃいます。

教室はバロック・古典に力を入れています。

懐かしのあの名曲も!

兄弟で連弾したり

◇練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ いいね!くださると嬉しいです。
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj

学校はお休みで嬉しいけど・・・

2017年9月13日 から Naoko Mizuno | 学校はお休みで嬉しいけど・・・ はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

月曜日のレッスンのこと。

「次の月曜日は、敬老の日で学校もお休みだよ。だからピアノもお休みなの」

と伝えると

「学校はお休みで嬉しいけど・・・ピアノがお休みなのは悲しい

と、小学3年生の男の子に言われました。

うぅぅぅ・・・なんていい子・・・

彼の言葉に

私は

「生徒くんのピアノの先生になれてなんて幸せなんだ」という気持ちや

私に任せてくださるご家族への感謝の気持ちや

彼の心を大切にしていかねば!という思いが湧いて

改めて自分は「ピアノの先生」としてあり続けたい、

と強く思ったのでしたー!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【子供のピアノ体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/
教室紹介動画

先生と連弾をしたり

兄弟で連弾したり

有名な曲を弾いたり

バロックを勉強したり

いろんな「楽しい」が待っています(^^)

直子先生ってどんな人?
時代によってピアノ、チェンバロ、フォルテピアノを弾きわけちゃいます。

◇練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

◇水野直子 オフィシャルサイト
http://naokomizuno.com

◇ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
http://ameblo.jp/pianolesson-baroque

◇水野直子YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCcyxtJBXy466LMXDD31BXfg

◇水野直子Twitter
https://twitter.com/LA_TASTIERA

◇水野直子Instagram
https://www.instagram.com/naoko.mizuno/

◇Facebookページ いいね!くださると嬉しいです。
https://www.facebook.com/naokomizuno.piano/
https://www.facebook.com/nerimapiano/

◇メルマガ ピアノの先生のための《聴く・弾く・教える》楽しいバロック
https://my63p.com/p/r/KGmEJCdj

カラフルな頑張りマップ

2017年9月12日 から Naoko Mizuno | カラフルな頑張りマップ はコメントを受け付けていません。

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/

練馬区・板橋区・豊島区の子どものピアノ教室
https://mizunonaoko-piano.jimdo.com

今日は子どものピアノレッスンの記事です。

教室では、曲が合格する度に
四角のマスに一つずつ色を塗りっていく
頑張りマップを取り入れて

頑張ってきたことを
視覚的に子供さんが自分で確認して
やる気を引き出せるように工夫をしています。

頑張りマップの色ぬりにもそれぞれに個性があって
私も楽しく見させてもらっています。

このなかに、私の似顔絵も描いてくれています。

嬉しいです、ありがとう!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【子供のピアノ体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

【子供のピアノ体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 開講したばかりです。時間帯が選びやすくなっています。
木曜日 17時〜18時
金曜日 16時30分、17時30分〜18時30分

子どもの生徒さんは練馬区、板橋区、豊島区から通われています。
お気軽にお問い合わせください。
お子さまの可能性を引き出して、
知らず知らずのうちに、ぐんぐん上達させます。
お任せください(^^)

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/
教室紹介動画

先生と連弾をしたり

兄弟で連弾したり

有名な曲を弾いたり

バロックを勉強したり

いろんな「楽しい」が待っています(^^)