練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「正しい指導」で、「正しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏会をさせていただきながら、バロックの魅力をお伝えさせていただいています。

ブルクミュラー 25の練習曲 第1番 素直

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ

 

数あるピアノの目標のうち、「ブルクミュラー」を目指す方が多いかと思います。

日本の体験的なレッスンは
ざ〜〜〜っくりと

  • 音符を読む
  • 片手奏ができる
  • 両手奏ができる

までを、バスティン、ぴあのどりーむ、ピアノランド、バイエルなどで勉強して
その後

  • ブルクミュラー
  • チェルニー30番
  • バッハ インヴェンションとシンフォニア
  • ソナチネ
  • ソナタ

という曲集を、生徒の実力に合わせて、ミックスしていくわけですけど

ブルクミュラーに到達したら、生徒もお母さんも喜びますね。
特にお母さんがピアノ経験者ならなおさらです。

 

ところで、ブルクミュラーはいつの時代の作曲家なのかご存知ですか?

ヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann Friedrich Franz Burgmüller)は1806年にドイツで生まれました。

父親はオルガニスト・指揮者だったということですから、彼は幼少期から音楽教育を受けていたのは間違いないことでしょう。

26歳の頃にフランスへ行き、1874年に亡くなるまで、パリ中心で活動をしていたそうです。

日本では《24の練習曲》で有名ですが、実は、大のバレエ好きだったそう。

また作品は600曲以上あり、その中にはバレエ曲をピアノ用意編曲したものも数多くあるそうです(この時代、当時流行していたオーケストラ曲やアンサンブル曲を、ピアノ独奏用に編曲することが多かった)。

 

日本のピアノ愛好者にとって、思い入れのある《25の練習曲》ですが、この当時のピアノは、現代の黒いピアノとは、まだまだ異なります。

ブルクミュラーの活動した時代の19世紀は、ピアノがどんどん変わっていく時代です(それが「良いか悪いか」というジャッジをするつもりは、私は一生ありません)。

 

今日は、ブルクミュラーが、生存中、触れたことがあるかもしれない楽器で、演奏をお届けします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています
ただいま、コロナウィルス拡散防止のため、すべてをオンラインレッスンに切り替えています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。