練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「正しい指導」で、「正しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏会をさせていただきながら、バロックの魅力をお伝えさせていただいています。

装飾音セミナー ご紹介の本はこちら

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 教室ブログへようこそ

 

6/30の『水野直子装飾音セミナー』にて
ご紹介をした本です。

 

フランソワ・クープラン『クラヴサン奏法』
 

山田先生ヴァージョン


ヨハン・ヨアヒム・クワンツヨハンヨアヒムクヴァンツ フルート奏法 [改訂版]

レオポルト・モーツァルト『ヴァイオリン奏法』

カール・フリップ・エマヌエル・バッハ『クラヴィーア奏法』
 

アグリーコラ『歌唱芸術の手引き』

テュルク『クラヴィーア教本』

 

どの本も18、19世紀の演奏には必要ですが
特に、3大クラヴィーア教本として
ご紹介したものは、
鍵盤バイブルとして傍に置いておくことをお勧めします。
その他はご自身の興味関心に合わせて、選択してください。

こちらにご紹介していないものもありますが
まずは「バロック〜古典」までのものとして
ご紹介いたします。

 

付け加えますが、
こうした本は一人で読み込むのは、ちょいと難しいかもです。
書き方が独特だからね。

講読会とかもある方がいいかも、ですね。
仲間がいると、できることも増えるしなぁ。
これから考えます。

それから、今回はざ〜っとリストアップしたものを
お話ししたのですが
次回はピンポイントに、ゆっくりお話しした方がいいかも。

 

「自分がここまで知らないなんて」
との感想もありましたが、

そもそも勉強に「遅いも早いもない」じゃないですか〜
(これって、自分の生徒さんにいつも言ってない?)


次回は、基礎についてお話しする機会も視野に入れて、構成を考えますね。

 

また、指番号とアーティクレーションについて、質問がありましたので、以前録画したものをこちらでもご紹介します。

こちらも続編を作らなきゃね。

あー、忙しいって幸せなのね💜(自粛が長かったから、感慨ひとしお)

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは月、火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

コメントは受け付けていません。