練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「正しい指導」で、「正しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏会をさせていただきながら、バロックの魅力をお伝えさせていただいています。

「やれるといいなぁ」では一生やれない、ということ

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ

ただいま、新型コロナウィルス拡大防止のため、教室でのレッスンを休止しております。

レッスン再開は、今後の政府の発表に準じます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

私の子供時代に、
「もしも〜、ピアノが〜、弾け〜たらな〜〜」
という歌が流行りました。

 

その頃の私は、「ピアノが題材になっている歌がある〜!」と、
なんだか嬉しく思ったし、
歌詞の「ピアノが弾けたら」というところに、
「あ、私ピアノ弾けるんだ〜、えへ」なんて、
ちょっと思ったりしたんですけどね。


(子供時代、使っていたピアノ♪このピアノのストーリーはこちら

でもね、「だったらいいな」では一生、できないということを、たった47歳の若輩者ですが、身をもって感じています。

 

「何がなんでもやる!」って決断することで、
物事が動いていくんですよね。

 

今まで

  • 留学したい
  • バロックをもっと知りたい
  • 音大いきたい
  • イタリア語をもっと上手くなりたい

など、いろいろと相談を受けてきました。

 

でもね〜「やりたい」「だったらいいな」では、欲しいものは手に入らないんだなぁ。

 

じゃあ何が必要か?

 

それは

 

「絶対にやるんだ!!」と決めること。
決断することです。


そして、「基準」を決めるんです。
今までのレベルでいいのか?
もう一度心に問うてみましょう。

 

決断は、「決めて」「断ち切る」と書きます。
「成功しない」というオプションを残さない、ということです。

今まで、「あ〜、今日もピアノの練習しなかった〜」
「朝練しようと思ったけど、寝坊した」
「宿題、できなかった〜」というのをやめる

 

自分の本来の基準に戻ってみよう。

 

決断する時に、一つだけ、大切なことがあります。
決断する時は、ポジティブに!

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

コロナ対応 「今だけ」の ピアノレッスン代行サービス 


「今だけの」ピアノ代行レッスンサービスはこちらから
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/pnv4t

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

 

コメントは受け付けていません。