練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「正しい指導」で、「正しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏会をさせていただきながら、バロックの魅力をお伝えさせていただいています。

年代別 国別 作曲家別の特徴

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ

ただいま、新型コロナウィルス拡大防止のため、教室でのレッスンを休止しております。

レッスン再開は、今後の政府の発表に準じます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

金曜日のおんぷクラブの一コマ。

出たり入ったり自由、
受けるのも受けないの自由、
というのがおんぷクラブ。
来週も、できる時があると思うので、
準備が整ったらまたURLを送りますね。

 

今日は『年代別 国別 作曲家別の特徴』というタイトルにしました。

その国によって、そして時代によって、
「あ〜、ぽいな」と感じる音楽ってありますよね。

音楽には、音楽史上、
バロック、古典派、ロマン派、近現代、に別れていて、
それぞれの時代に特徴があるんですよね。


さらにその中でも、フランス、ドイツ、イタリア、で
聴き比べると、
なんとなく、でも国別の違いを感じることもできたりします。

 

実は、クラシックを勉強していると、
初めて聴いた曲も、
「どの時代の、どの国、あの作曲家っぽい」
という当たりをつけることができるようになります。

 

美術でいうと、もっとわかりやすいかな。
例えば、イタリアのルネサンス絵画と、
モネなどの印象主義の時代の絵画の違いとか。

さらに、ボッティチェリの絵とダ・ヴィンチの絵の違い、ゴッホとモネの違い、とかね。

 

音楽にもそういう違いってあるんですよね。
でも、美術のように、パッと見ただけで、
違いを感じられるのは、音楽では少し難しいかもしれません。

とはいえ、小さいうちから、
四期の異なるスタイルを正しく勉強していると、
小学1、2年生でもわかっちゃいます。


勉強は経験の積み重ねでできているので、
曲数をこなすことが、ピアノを勉強する近道です。
だからみんな、どんどん、譜読みしてね。

 

普段のレッスンでは、「ピアノのレッスン」を通して、
四期の違いを説明していますが、
おんぷクラブではお話しすることもできるから、
今後は時代や国、作曲家についても、
もう少し勉強できるように、カリキュラムを作りたいなぁと思っています。

 

バロック

 

古典
 

ロマン
 

 

学校が再開したら、この活動をどういう風にしていくのか、考えないとなぁ。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

コロナ対応 「今だけ」の ピアノレッスン代行サービス 


「今だけの」ピアノ代行レッスンサービスはこちらから
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/pnv4t

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

 

 

コメントは受け付けていません。