練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「確かな指導」で、「美しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏活動を通して、バロック音楽の魅力を伝える活動をしています。

ブルクミュラー25の練習曲 第20番《タランテラ》

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です
練馬区氷川台・桜台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログへようこそ

 

今日の動画はブルクミュラー作曲 25の練習曲から第20番《タランテラ》。

 

 

タランテラはもともとは南イタリアの民族音楽です。
タランテラという名前は、イタリアのプーリア州ターラントに由来があり、現在は求愛の仕草を伴ったダンスで、ダンサーはカスタネットやタンバリンを持って踊ります。
3/8または6/8拍子で、短調と長調を交互に繰り返しながら、速度はだんだん速くなっていきます。

 

 

↑これが曲としての一般的な知識。

 

タランテラによく似た「タランチュラ」という言葉・・そう、あの毒蜘蛛ですね!
タランテラも、もちろんターラントの街に由来しています。そしてここでは、タランテラに噛まれた際の毒を消すためのおどりが踊られた、という伝説も度々記述されています。

もう一つ。「タランティズム(タラント病)」という病があります。この病は、15世紀から17世紀に流行ったヒステリーの一種ですが、当時は毒蜘蛛に噛まれたことで発症すると考えられていたそうです。

 

ヒステリーが集団で起るって、暮らしに不安要素があったんだと思うんですよね。特にイタリアは覇権争いの繰り返しだったし、ペストも流行った頃だし・・・

 

なんだか今の世界情勢と似たような感じだなぁ、と思って、タランテラを弾いて、毒を消す、という縁起担ぎをしてみました。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

コロナ対応 「今だけ」の ピアノレッスン代行サービス 


「今だけの」ピアノ代行レッスンサービスはこちらから
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/pnv4t

 

 

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

 

子供さんは練馬区氷川台、平和台、桜台、早宮、光が丘、北町、和光市、文京区、葛飾区、豊島区、千川から、
大人の方・ピアノ指導者の方はひばりヶ丘、葛飾区、世田谷区、豊洲、千葉市、宇都宮、那須塩原、大阪、愛媛県松山市、福岡市、静岡市、横浜市、鎌倉、仙台市、秋田県よりお越しいただいております。  

 

 

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。