練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「確かな指導」で、「美しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏活動を通して、バロック音楽の魅力を伝える活動をしています。

難しいところを急いで弾きたくなるのは、焦りと呼吸の乱れから

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です

練馬区・桜台・氷川台・早宮・平和台 
水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログ
へようこそ

 


今日は「ああ、ここ、難しいな〜〜」と
あなたが思っている箇所は
もしかしたら、
あなた自身が難しくしているかもしれないよ、という話をします。

 

これは自分が生徒だった
子供時代を振り返ってみても
同じことが言えるし、
プロになった今の自分にも起こりうることです。
でも、その対処法を知っているから
舞台には出していない(・・・と信じたいですが!)

 

弾きづらいところというのは、
大抵の場合、指や体の技術的な問題です。

その曲のテンポが概して速い、という場合もあれば、
速いパッセージの、この形になると弾けなくなる、
ということがあります。

 

私も、いやというほど経験してきました。

 

そして、難しい箇所は、
とにかくたくさん練習してきました。


でもその後、いざ、曲を通し弾きする段階にきて、
さぁ、いよいよその箇所を弾くよ、
という場面になると


「ここは難しいんだよね!」
「間違えないようにしなきゃ」

と、気持ち出てきて焦り、
自分で思っている以上に
ものすごく速く弾いてしまっているのです。

 

そして、やっぱりできなくて、
「あ〜、できなかった〜〜」としょぼ〜〜ん、となる・・・

 

 

あなたのその気持ち、
いた〜〜〜いほど、分かります!!

 

 

 

そうなったときはまず、
自分の演奏を客観的に聴いてみてね。

 

 

今は、スマフォで、ビデオが楽々撮れる時代ですから、
自分が速く弾いていないか確認してみよう。

 

ほとんどの場合、弾けないという気持ちが勝って
速く弾こうとしているはずです。
そして指がもつれ、自滅の坂をコロコロと・・・

 

苦手なところほど、
ゆっくり弾きましょう。

そして、呼吸をしましょう。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
体験レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは月、火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。