快適 バレエシューズ

先月から、レッスンのスリッパを
バブーシュからバレエシューズへ変えました。

そうしたら、なんと快適なことかっ、と
本当に独言しました。

昔、少し書いたことがあると思うのですが
水野の足は、体のわりに小さくて、薄いので
ヒールの靴を選ぶのも一苦労です。

最近はアシックスシーリーズの
ストライプ付きを履いています。
アシックスだと、足の測定をしてくれる上に
既製品をカスタマイズしてくれるので助かっています。

レッスンでは、受講生さんの体の使い方の指南で
右へ行ったり、左へ行ったり、
後ろへ回ったり・・とパタパタ歩きます。

薄い足の自分は、その度にスリッパが脱げないように
つま先をあげて一歩を踏み出すので
レッスンが多い日は、必ず夜中に脛がつっていました。

それがバレエシューズにしてからは
足元が軽く、
履いているか履いていないのかがわからないくらい快適で
足が攣ることも無くなりました。

初めてアシックスで測定したときに、
担当の女性から

「自分を労る靴を履いてあげましょう」
「頑張ってきた足を、これからは甘やかせてあげてください」

という言葉をかけられたのを思い出しました。


そこで、皆さんに提案です。
もしよかったら、レッスン時には
ご自身でシューズをご用されてみてはいかがでしょうか。
バレエシューズは軽く、コンパクトに畳めるので
移動も楽だと思います。
レッスンバッグに、入れっぱなしでいいと思います。

教室では、素足NGですが
自分のシューズがあれば、
そうしたことの気遣いも不要になりそうですね。

リンクを貼っておきますね


ピンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

フォルテピアノメンテ

次の記事

ピアノの温度と湿度