スピーチ 「夢を持ち続けよう」

昨年秋に、あるスピーチに登壇していました。

スピーチで決められていたのは「10分間」ということだけ。
内容は自由。

スピーチはポジティブなものにしよう、と決め、
幼少期から夢だった「ピアノの先生になる」という
夢を持ち続けて、
その夢が本当に実現できたこと、


さらにピアノを続けていたからこそ
チェンバロにも出会えて
苦手だったたバッハやモーツァルト、ベートーヴェンが
大大大好きになった
という話をしました。

ポジティブスピーチではありますが
少しだけ、
ピアノをやめてしまおう、と
思った時期のことも話しています。

「え?水野がピアノをやめようと思ったこともあるのか?」
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

それがあったんですよ。

よろしければ、お聞きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA