プレ・インヴェンション 第1番 A. Rowley  Miniature Fugue 1

随分前にアップしていた動画を
ご紹介しそびれていました。

動画は、プレ・インヴェンションの第1番
アレック・ローリー作曲 《ミニチュアフーガ》です。

プレ・インヴェンションをはじめ
バロック系の楽譜に収められている曲全てが
17、18世紀のものとは限らないのは
心に留めていた方が良いと思います。

というのも、アレック・ローリー(1892ー1958)は
つい50年ほど前まで活動をしていた
イギリスのオルガン奏者、作曲家なのです。

オルガン奏者なので
当然チェンバロも勉強していたことと思いますし
ピアノは言わずもがなでしょう。

現代とそれほど遠くない過去に生きていたということは
彼の初版ものの作品には
彼が自らチェックをして
出版にゴーサインを出していたことは
ほぼ100%の確率で明確でしょうし
さらにその楽譜自体も
ネット環境が整っていて
かつ情弱に溺れていなければ
少しの操作で手に入りやすい、
ということになりますね。

パブリックドメインの初版楽譜

こうした作業をした上で
演奏する、という訓練していくと
より一層バロック知識の引き出しが増えて
演奏解釈に深みが出てくると思います。

私が今回演奏したスタイルは

  • ピアノを想定したレガート奏法と
  • チェンバロをベースにした奏法

です。

どちらの演奏もありかな、と思いますが
フーガ、ということはプレリュードもあるわけで
そのプレリュードがどのような性格なのかがわかると
さらに選択肢が増えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA