プレ・インヴェンション 第2番 A. Rowley  Miniature Fugue 2

水野直子です。

前回の投稿では

  1. ピアノのレガートを全面に出した演奏
  2. チェンバロのタッチを再現した演奏

のアンケートを取っていました。

Facebookで水野が直接やりとりの多い先生方は

2. チェンバロのタッチを再現した演奏

がダントツでしたが
Instagramでは半々でした。

Instagramでは
フォローだけのお付き合いで
直接水野と関わっている先生が少ないので
そんな結果になったのかな、と思いますが
さてどうでしょう。

本日は、第2番。

ローリー作曲のミニチュアフーガ 第2番 イ短調です。

さて、ここで水野が触れたいのは
は長調とは短調の速度について。

同じ四分音符を中心とした音価が進むものも
長調と短調では、演奏速度が変わってOK。

そのことについては
バッハの息子の
カールフィリップ・エマヌエル・バッハの論文
『正しいクラヴィーア奏法」をぜひ読んでみてください。

この本はバロック好きなら持っていたい本
かつ、
ピアノ講師ならばマスト本です。 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA