ピアノは調律師の腕に左右されます

水野直子です。

教室の生徒さんたちから
「ピアノの音色を変えたい」
「タッチを変えたい」
「先生と同じとはいかなくても、近づけたい」
というお話を聞くようになりました。

とーっても嬉しいです!


ピアノが持つ本来の力を出すのは
演奏をする私たちにも責任がありますが

「調律師」さんの力によっても
ピアノは変わってきます。

調律師、といっても
その実力は様々なのです。

例えば調律師の世界には
1級、2級、3級、という資格試験があります。
(資格がないと調律できない、ということでもないので、それがまたモヤるところでもあります)

詳しくはここをみてね
https://www.jpta.org/kentei/


1級調律師なのか、2級調律師なのか、
免許の面でも違うし
(2級調律師の試験はアップライトのみなのよん)

また経験が長いからといって
上手いかどうかは別だし
(センスのない調律師もいる・・・)

センスはあるけど経験が短いとなると、
それだけ扱ってきた楽器が少ないわけだから、
それはそれでどうかな、というところがありますな・・・

先日も、
大人の生徒さんからのSOSがあって
我が教室をサポートしてくれている千笑ちゃんに
メンテをお願いしたら
その変わりように感激されたということでした!

調律後、すぐにご連絡をくださるのも
本当に嬉しいです。

そしてレッスンへお越しになられてからも
ニコニコとお話しくださいました♪

レッスンでは
チェルニー30番から22番と
バッハのインヴェンション11番を。

私が私がおすすめしている版に
買い替えてくださって、これまた嬉しい!

版のことはよく質問を受けるので
今度、動画に撮りますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA