やはり基本が大事 ゴッホ展で再確認

こんにちは
水野直子です。

昨日、東京都美術館にて開催中の

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
Collecting Van Gogh: Helene Kröller-Müller’s Passion for Vincent’s Art

へ行ってきました。

 

上野へ出かけるのはいつぶりでしょうか。
上野駅がすっかり変わっていて少し戸惑いました。

新しく改装された上野駅 鏡と空間の使い方が開放的な印象を与えます

公園口に出ると、大きな銀杏の木が圧巻の紅葉でした。

東京都美術館は
国立西洋美術館や東京国立博物館(トーハク)を過ぎ、
一番奥、上野動物園の横にあります。
駅から少し歩くし、美術館は3階建なので
動きやすい服装で行く方がいいです👍

 

実は私はゴッホ好き・・・!
あの強烈な色彩と大胆な筆致がたまりません。
好きすぎて、新居の壁紙に使ったほどです。

4分23秒あたりに紹介されています

今回の展覧会は、ゴッホの作品を精力的に収集した
ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)のコレクションを軸に構成されたものです。

 

それはそれは圧巻の作品群が
数多く展示されていて
いつの間にか滞在時間は3時間を超えていました。

12/12までなので
お時間許す方は是非行かれることをおすすめします。

 

昔、大塚美術館へ行ったときに
ゴッホ特集をしていて
一緒に行った友人の息子さん二人と
こんな写真を撮ったこともあります。

 

他にももっと面白いコスプレをしていますが
改めて見てみると酷すぎるので
これ以上は自粛したいと思います。
でもリクエストがあれば載せる、かも?!

 

さて、美術館の楽しみは、
スーベニアショップにもありますね。

1枚目の写真の左上はゴッホではなく、
ルドンの《キュプロクス》(一つ目巨人)。
まさか、この作品がヘレーネのコレクションだったなんて!!
目の前に現れた時は、興奮しました!

ラモーにも《一つ目巨人》という曲があって
これがめちゃくちゃ難しかったなぁ、ということで
練習中のものですが、動画をリンクしてみます。

https://www.instagram.com/p/BaGPXmZj7ur/?utm_source=ig_web_copy_link

さて、ようやくタイトルにつながるのですが、
ゴッホって印象主義や新印象主義に影響を受けた
後期の作品が有名ですが
初期の作品は「画家になるためには素描が大事」として
かなりの素描(デッサン)を習作しています。

 

それがうなるほど、美しい。

おそらくこの絵画を見て
これがゴッホだと気付く人は、
なかなかいないのではないでしょうか。

 

こうした地道な基礎訓練があって
自分の世界観を表現していけるんですよね。

 

これは絵画だけではなくてピアノにもいえること。
広い視野で見ると、
土台をしっかり築くことは
後の生き様にもつながるのではないかと思いました。

だからこそ、
日々丁寧に生きていきたいと思った次第です。 

 

 

ところで、この展覧会は、
ゴッホの年表にしたがって
作品を追えるようになっているのですが
ゴッホの悲しみや
ひどい精神疾患が安まったときにだけおとずれる
かれの心に隠れている一瞬の生きる喜びを
キャンバスに入れ込めた
ゴッホの気持ちがどんどんと心に入ってきて
最後には涙をおさえながら会場を後にしました。

純粋で正直で努力家だった人なんじゃないかな・・・
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA