練馬区桜台・氷川台・平和台 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区桜台・氷川台・平和台「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」は有楽町線・副都心線氷川台駅・西武線練馬駅、桜台駅の中間地点にある完全個人のピアノ教室です。「確かな指導」で、「美しく演奏すること」「音楽を通じて自律・自立すること」を目指します。 また、コンクールの審査員や演奏活動を通して、バロック音楽の魅力を伝える活動をしています。

舞曲 Suite テンポ設定にご用心

チェンバロ・ピアノ奏者 水野直子です

練馬区氷川台・桜台・平和台 
水野直子ピアノ・チェンバロ教室のブログ
へようこそ

 

今日はPTNAコンペ特級の、バロック部門を勝手に感想です。

コンテスタントの熱い二次予選に、感動しています。
感動しつつ、若い頃の自分の姿に重なって
いろいろな思いが巡って、胸がつまります。

 

コンクールには賛否両論あると思いますが
小さい頃のコンクールで
先生の言われるままに弾くのと、
特級とではアプローチの方法が全く異なるので
このクラスは、別物です。

日本ほど、ピアノに熱を入れている国はないんじゃないかな。

逆に、こういうスタンスが嫌い、
という人もいるわけです。
それはそれでいいと思います。
コンクールを受けるも受けないも、あなたの自由です。
ただ、こちらとしては、ご紹介はします。
出場するかは、自分が決めたらいいんですよ〜。

 

さて、今日のお題『舞曲 Suite テンポ設定にご用心』ですが、
今回、組曲を弾いている方の演奏を聞いていて
思ったことを書こうと思います。

 

「舞曲」には、そもそも「適したテンポ」「適したスタイル」があります。

 

これは、舞曲の本質なので、「こう弾きたい」と我流に弾くことは禁忌です。

これがバロックがバロックたる所以で、スタイル=様式なのです。
規則が決まっていることなので、
そこからはみ出ると、
それは舞曲でもなんでもないものになってしまうのです。

 

また、『組曲』というものは、
1つの小楽曲が集まって統制を図っているものなので
それが舞曲ならば
アルマンドからジーグに至るまで
一定したテンポが、その根底に存在しています。

 

ここから逸脱すると、ただの寄せ集めです。

 

例えば、本来ならば、色や大きさが異なる
ビー玉が集まっているところに
ビー玉とは全く関連のない、
例えばスリッパ、とか
ヘアゴムとか、
そういったものが混ざっている、
と考えてください。

 

現代は、そういう全く関連のないものを集めた
コラージュアートという運動もありますが
それは現代であって、
バロックではありません。

 

こういうことはYouTubeでも、もっと話していかないとな〜、と思っていますが、いかんせん、今は時間がなくて・・・

 

そのうち必ず話します!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  

 

 

お問い合わせ用 公式LINE 開設しました
レッスン予約、お問い合わせもLINE @から♬
※友達追加後、トーク画面から1:1の個別トークができます
他の方には見えませんのでご安心ください
レッスンは月、火、水、木の11時から20時、土日は不定期で行っています

 

2020年秋 教室は桜台でリニューアルオープンします

詳しくはこちらでご紹介しています

↓カウントダウン、入りましたー!↓



 

 

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。