練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ・チェンバロ教室 ブログ

練馬区氷川台・氷川神社近く「水野直子 ピアノ・チェンバロ教室」の様子を配信しています。子どもの生徒さんは練馬区・板橋区・豊島区・和光市や志木から、またピアノ講師のバロック指導・セミナーを開催しています。

発表会、お疲れ様でした!

練馬区・板橋区・豊島区 水野直子ピアノ教室のブログへようこそ。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com

6月25日(日)の発表会が終わりました。

出演された生徒さんたち、
ご家族の皆さま、
お疲れさまでした。

生徒さんの頑張りに、
会場に大きな拍手が鳴り響いた発表会でした。

私の教室では、
プログラムも生徒さんが作っていて、
それを私が冊子にしてお渡ししています。

A4の紙に、お一人ずつ、
名前、学年、曲目、発表会に向けて頑張ったことを書いてもらいます。
今回は、そこに
「ピアノを習っていて、良かったことや嬉しかったこと」を書いてもらいました。

年長さんが書いてくれた
可愛いプログラムを、
お母様から許可をいただいたので、
少しだけご紹介しますね。

可愛いでしょう?(^^)

字も、とっても上手です。

1時間かけて書いてくれたそうです。

私の似顔絵まで・・・♡

今年の表紙も出演者全員の合作です。

私のレッスンでは
「ピアノを人前で弾く」ということは
「自分が楽しいと思うだけでなく、
 聴いてくれている人を、『幸せにしよう』と
 相手のことを思って心を込めて弾こう。
 そして作曲家の思いを、
 自分流でなくて、
 作曲家が弾いてほしいと思っている通りに、弾こう」

という、
「演奏家」としての姿を
何度も繰り返して、話し続けています。

とはいえ、
ミスタッチや、
本番の緊張で、いつも大丈夫なところで少しつまずくこともあります。
でもそれは大したことではありません。

そうしたものは取るに足らない、
風で飛ばされてきた小石で
足がちょっと滑った程度の偶発的なアクシデントです。

真摯な心、
真心を込めて弾く姿勢の前では
そんなことは問題ではないのです。

ですから今回の発表会でも、
もちろん会場の全員が幸せを感じましたとも!

そして、お伝えしたいことがもう一つあります。

発表会という非日常で、
弾いてしまえば消えて無くなってしまうものに
価値を見出し、
ピアノ教育にご理解くださるご家族の皆様へ
心からの感謝の気持ちです。

今年もこうして発表会が開催できましたことにお礼申し上げます。

次回は少し間を空けて、
来年の秋か、再来年の年度末を考えています。

ありがとうございました!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

【体験レッスン受付中】
月曜日 15時15分
水曜日 6月よりオープン。ただいまご希望のお時間帯をお選びやすくなっています。
木曜日 15時〜16時30分、17時〜18時
金曜日 17時30分〜18時30分

お問い合わせはこちらです。

体験レッスンの流れはこちらのページを参考にされてください。
http://naokomizuno-piano-cembalo.com/blog/550/

教室紹介動画

コメントは受け付けていません。